OIJC:Inkjet Business Conference 2020(Update 22.Jan.2020)更新しました

↓↓プログラムをダウンロード頂けます Click to download the program
JIBC2020_Conference Program

【満員御礼!定員に達しました!】
【Thank you ! Achieved the target number of participants !】

【更新しました。下記記事ご参照 Updated on 22.Jan.2020. See article below】
★ 価格を決めました。価格設定の考え方はこちら Price Decided
★ 同時通訳を付けます Simultaneous Translation Available



永年温めてきた構想なのですが、いよいよ形にしようと思います。「インクジェット・ビジネス・コンファレンス」を旗揚げしようと考えています。欧州には “IMI”,”TheIJC”,”InPrint”などのコンファレンスがあり、そこを軸にインクジェット業界人のコミュニティが形成されています。中国には数多くのインクジェット関連の展示会があり、その勢いは日本の比ではありません。日本にはアカデミックなソサエティは存在しますが、ビジネスを指向しているようには見えません。このままでいいのでしょうか?そんな想いを旨に、インクジェットをビジネスとしてどう活性化していくか?そこにフォーカスしたコンファレンスを立ち上げていきたく思います。

I have been thinking about the concept of an ‘inkjet business conference’ for some years and am now planning to turn it into reality. There are several conferences in Europe, such as IMI, the IJC and InPrint, and there is a community for the inkjet industry formed around these events. There are also many inkjet-related exhibitions in China, but the emphasis is different to Japan. Instead, here in Japan there is an academic society but it does not appear to be business-oriented. What can we do about this? How can we energise inkjet as a business? To this end, I am planning to establish a business-focussed inkjet conference. 

  1. 日程 Date : January 30(Thu) afternoon+ 31(Fri) whole day
  2. 時間:Jan.30 12:00~13:30 Registration, followed by Conference and Networking, Jan.31 9:30 to 16:30 (?) Conference incl. Lunch
  3. 場所 Venue : Tokyo “IVY HALL”(青学会館)
  4. 人数 Expected Number of Participants : 150 to 160
  5. 詳細 Detail : TBD, but business oriented
  6. 主眼 Point : Networking ! Learning what’s happening out of Japan !
  7. 価格 Price : 70,000.-円 ($700.-) 消費税込・2日間・同時通訳付
    1. 12月中の早割:59,500.-円 12月中に入金に限る(Early Bird December $595.-)

参加お申し込みお問い合わせフォームからご連絡ください。
詳細は随時アップデートしていきます。講演者は更に増加します。あと2か月弱です。

As for detail, I will update from time to time ! We have another 2 months to go ! More speaker are to be confirmed.

Photo Name/Title/Backgrond/Speech Title/Summary Remark
Organizer and Keynote Speaker
Akiyoshi Ohno 大野 彰得
Principal at Ohno Inkjet Consulting
Nessan Cleary
Journalist
Confirmed Speakers : Order by the timing of confirmation.
More speakers are to be added.

Martin Schoeppler
CEO at Fujifilm Dimatix“Conquering the Challenges of New Inkjet Markets with MEMS Printhead Technology”
「MEMSヘッド技術によるインクジェット新規マーケットの課題克服」
ヘッド

Debbie Thorp
Business Development Director, Global Inkjet Systems“Technology & Market Requirements of Industrial Inkjet Applications”
「産業用インクジェットの技術と市場要求」This presentation will cover different industrial inkjet applications and examine how key factors, such as software and machine control, contribute to application success and accessing new markets.
この発表では様々な産業用インクジェット分野を俯瞰し。ソフトウェア・メカコントロールなど成功の鍵を検証し、その成功と新分野への展開に貢献しようと思います
駆動基板・インク供給系

Paddy O’Hara
Director of Business Development at Industrial Inkjet Ltd“Keeping Inkjet Simple – the secret of successful inkjet integration”
「インクジェットをシンプルに!:インテグレーション成功の秘訣」Industrial Inkjet Ltd (IIJ) has supplied solutions to a multitude of industrial applications over the last 10 years, from Labels and packaging to printing direct to products.The secret of making this work has been to keep the systems as simple as possible, reducing cost, increasing robustness and simplifying support.In this presentation, how this has been achieved and how it benefits a range of markets will be explained.

Yoshinori Domae 堂前 美徳
Printhead designer , Inkjet technology specialist at iPrint“Make the digital revolution by inkjet technology !”
「インクジェット技術でデジタル革命を起こせ!」

Bent Serritslev
Senior Vice President, Business Development APAC at Memjet Technology

Shin Ishikura 石倉 慎
Manager at Kyocera’s Inkjet Design Centre“IJ Head KJ4-2.0 Series : A new page in the history of challenge”
「KJ4-2.0 シリーズ-挑戦の系譜に刻む新たな歴史」京セラは今一度基本に立ち返りインクジェットプリントヘッドの設計や材料をあるべき姿から見直し、向こう十年間のデジタル生産革命を下支えしていく為のヘッド設計プラットフォームとしてKJ4-2.0シリーズを立ち上げます。その構成要素技術と設計思想について、これまでの市場での経験に基づく知見なども交えながらお話しさせて頂きます。

Bill Cortelyou
President and CEO at Phoseon Technology“UV LED Curing – past, present and future”
「LED UV硬化:過去・現在そして将来」

Steve Knight
Inkjet – Datapath Solutions. TheIJC

Jose Luis Ramon Moreno
Vice President / General Manager at EFI / Industrial PrintingEfi/CretaPrintに於ける NOZOMI,セラミックプリンタ及び木材へのプリンタ開発経験値をシェア
Thomas Poetz
Director ESMA Textile Division“The Potential of InkJet printing on textile is:Innovativ Disruptive Sustainable”
「テキスタイルへのインクジェット印刷の可能性は:創造的 破壊的 持続可能性」

Simon Wang 王 山
CEO SHENZHEN INKBANK GRAPHIC TECHNOLOGY CO.,LTD(China)

Kazuya Yamashita 山下 和也
Manager Toyo Ink (France)“A new solution of metamerism by digital printing”
「デジタル印刷におけるメタメリズムの改善案」(メタメリズムとは、2つのサンプルがある観察条件(光源)では同じに見え、別の観察条件では異なって見えること)

Nobuhiko Hosobata 細畠伸彦
OEM Sales Manager at KNF Japan

Yair Kipman
President at ImageXpert Inc.“Essential instruments for inkjet development”
「インクジェット開発に不可欠な機器」

Michael Mogridge
LANDA DIGITAL PRESS Director of Sales – Asia Pacific & Japan

テーブルトッププレゼン:Tabletop Presentations

Logo Company Name/Summary Remark
Global Inkjet Systems (UK)
Everything necessary to build an inkjet printing system
インクジェットシステムを構築するために必要なあらゆるもの
Genix Corporation (Korea)
Our Universal Inkjet Engine is versatile tool for inkjet printer OEMs.
小ロットかつ低コストのプリンタ開発・生産をODM受託・OEM供給
MICROJET Corporation (Japan)
インクジェット技術を極めモノづくりとバイオに普及させる
JETIC 株式会社 (Japan)
インク開発サポート
DIG JAPAN
デジタル印刷推進:今回は LANDAの最新のプリントサンプルを展示
KNF JAPAN
ドイツ・スイスに拠点を置く精密ダイヤフラムポンプメーカー、業界シェア90%以上
ImageXpert
画像解析・液滴観測装置の老舗
八興 Hakko(Japan)
樹脂ホース(インクチューブ)の専門メーカー
ハイデルベルグジャパン
国内に導入された PrimeFire106のプリントサンプル等を展示予定

ユニオンケミカー株式会社
盛り上がりを見せつつある可食インク+カートリッジ式サーマルIJによるマーキング&コーディング
尾池工業株式会社
従来のアルミ顔料に比べ鏡面性を飛躍的にアップさせたインジウム顔料を展開中。パール効果を発現する材料も展示
山形大学
インクジェット開発センターを設置し民間企業とのコラボを推進中
アシザワ・ファインテック株式会社
微粉砕機・分散機の総合メーカー
Meteor Inkjet Ltd.

Meteor develops and supplies electronics, software, tools and services for industrial inkjet systems.
Meteorは主要な業務用インクジェットプリントヘッドを駆動するための、量産可能なドライバ基板とソフトウェアを開発・提供しています。

Cobetter Filtration

The Asian’s Advanced Filtration Products and Filtration Solution Supplier.
杭州科百特濾過器材有限公司はアジア先端の精密濾過関係の専門企業です

AVT

AVT is the global leader in print process control, quality assurance, and press control for the packaging, labels, and commercial print industries.AVT is part of the Product Identification Platform of Danaher Corporation.
AVTは、包装、ラベル、および商業印刷業界向けの印刷プロセス制御、品質保証、および印刷制御のグローバルリーダーです。AVTは、Danaher Corporationの製品識別プラットフォームの一部です。

ご意見・ご提案・プレゼン希望・デスクトップデモ・スポンサーのオファーを歓迎いたします!
Your input,proposal,presentarion,desk-top demo,sponsorship would be highly appreciated !
ご提案はこちらから!Click to write !

関連記事

ページ上部へ戻る