三十年前のドイツ(62):東独がまだ「DDR」だった頃のあちらこちら -4- Waren

三十年前のドイツ(61):「まだ東独が「DDR」だった頃のあちらこちら -3- Güstrow」からの続きです。

中学校の地理の授業で「メクレンブルク湖水(湖沼)群:Mecklenburgische Seenplatte」というのを習い、地図を見てみたら確かに細かい湖が無数に散らばっている一帯があって「いつかどんなところなのか見てみたいな」と漠然と思ってました。勿論そこは東独で、自由にドライブして廻れるところではなかったのですが・・・ということで、自由にドライブが可能になったので、一番大きい湖「ミューリッツ湖:Müritzsee
Warenに向かいました。

Waren (Müritz) Stadthafen.jpgCC BY-SA 2.5, LinkWikipediaより

湖越しにWarenの町を見ています。まだこのころは家並みの外壁の色がくすんでいます。
街中も歩いたはずなのですが残念ながら写真が残っていません。

立派なホテルがあります。後で調べてみるとFDGB(自由ドイツ労働組合連合:Freier Deutscher Gewerkschaftsbund)の保養施設です

場所はミューリッツ湖に面した一等地です

↓↓クリックするとスライドショーになります

しかしこのホテルは東西ドイツ統一後 2015年まで営業していましたが、その後、諸般の経緯を経て最終的には爆破解体されることになります。下の動画は冒頭に爆破解体されるシーン(の逆回し)があり、それ以前の状態が映し出されています。

爆破解体に関する記事です
爆破解体に関する記事(その2)です

(上の記事の DeepL翻訳:加筆修正せず)

GDRの名建築「ミューリッツ」ホテルがついに歴史に
ステータス:2020年04月02日 14:40 h

クリンクにある旧GDRの名物建築であるホテル「ミュリッツ」が、2017年9月28日、ついに歴史に幕を下ろしました。ミュリッツの土手にある三翼のプレハブの建物が爆破された。最終的には、建物はGDRの埃っぽい、時代遅れの魅力を放射していたが、かつてはFDGBの休日サービスの高貴なホステルだった。

東ドイツ5000万マルクで建てられ、1974年にオープンしたメクレンブルク湖水地方の同名の湖上に建つ別荘「ミューリッツ」は、ドイツ民主共和国のモデルビルとなりました。次の15年には、何千人ものGDR市民がこの豪華なホステルの珍しい休日の場所のために戦った。

誰もが自分の番を得たわけではない

労働組合と企業が場所の配分を決めた。そしてもちろん、責任者は常に自分や友人のために数席を確保していた。そのため、多くのGDR市民は長い時間を待たなければならなかったし、高額の助成金を受けたFDGBの休暇の場所の一つを無駄にしたこともあった。そして「ミュリッツ」はシーズン中は常に満席でした。

もちろん公の場での話題ではありませんでした。1975年にミュリッツのFDGB別荘から放送されたレポートでは、GDRのテレビは、幸せそうにくつろいだ大人と、湖で水しぶきを上げる笑っている子供たちを映し出していました。

豪華なケータリングでレジャーも盛りだくさん

オブジェクトマネージャー」は、クリンクのゲストが「1キロから1.5キロ増える」と誇らしげに発表しています。食堂のテーブルが曲がっているのは、少なくともGDRの基準ではそうだ。1975年8月28日の「ランチタイム定食」は、合金化したライススープと、ビーフサラダ付きの豆の煮込み、麺の煮込み、ズニョモのグーラッシュ、グリーンランドスライス、ザワークラウト入りの櫛の漬物から選択したもの。デザートには、バニラソースをかけた不定形の赤いフルーツゼリーがあります。小さなゲストのために – 各 “通路 “では約450人の子供たちがいる – 別々のビュッフェがあり、ダイニングルームの外には、馬の農場で、陶器のワークショップでは、例えば、”適切な資格を持った人材 “による楽しみがあります。

テレビの写真によると、願いは叶わないままです。卓球、サウナ、ボートのレンタル、さらには独自の美容室 – このすべては、Klinkは休日の楽園 “GDRで作られた “になります。しかも全てがとんでもない値段で。数人の子供を連れての休日は、確かにとても高いですね、と報告者は家族連れの男性に尋ねます。そして、家族がこのために長い間貯金をしていたのかどうかを知りたいそうです。そうでなければ、おそらく同じお金が必要だっただろうから」と当主は答えます。だから、休日は原則として自宅よりも安いですが、ジャーナリストは国家のプロパガンダの意味で忠実に追加しています。そしてもちろん、誘導尋問の結論によると、皆さん見事に回復しています。

2015年までホテルとして営業

統一後、伝統ある企業のために個人投資家が見つかった。2015年までは、主にバス旅行のグループ、団体、クラブ、パーティーがレクリエーションや会議のためにミュリッツに来ていました。特にゲストの方々は、旧東ドイツ時代を彷彿とさせる内装でありながら、ミュリッツの西岸という最高のロケーションに感激されていました。しかし、ホテルにはメクレンブルク=フォアポンメルンで一番大きなホールがありました。そのため、滞在がちょっとしたタイムトラベルになってしまうことが多かったです。2017年9月28日午後3時、1970年代のベッドキャッスルは、新しいホテルの建物を建てるためのスペースを確保するために爆破されました。

三十年前のドイツ(63):東独がまだ「DDR」だった頃のあちらこちら -5- Lübtzに続きます

関連記事

ページ上部へ戻る