Adobe (日本語)


アドビページのご紹介
1985年のPostScript発表以来、アドビのRIP(Raster Image Processor)製品は、多くのプリンターメーカーの皆さまにご採用いただいております。このページでは、アドビRIPの中で、二つのフラグシップ製品についてご紹介いたします。

アドビRIPを採用するメリット
正確かつ安定したRIP出力
アドビRIPには、Photoshop CCや Illustrator CC、Acrobat DC で使われているアドビの描画技術と同じものが採用されています。入力データの作成や表示、印刷出力までの一連の流れの中で、アドビ共通の描画技術を用いることで、入力の原稿を忠実かつ安定的に最高の品質で出力させることができます。

Adobe PDF Print Engine ( APPE )

APPEは、プロダクション印刷向けに開発されたハイエンドのRIP SDKです。商用印刷向けのデザインデータを、アドビのコア技術を用いて、 最高レベルの品質と性能で出力します。
お客様の声
APPEの特徴
Adobe PDF Print Engine

Adobe Embedded Print Engine ( AEPE )

AEPEは、組み込みソフト向けに開発された、軽量かつ高性能な RIP SDKです。 昨今ではクラウドやモバイルから、PDFを直接印刷するケースが著しく増えています。 AEPE は、この新しい利用環境の中でPDFとPostScriptをネイティブに処理することで、 最小限のリソースで 最高の性能と品質を実現します。
お客様のメリット
AEPEの特徴
Adobe Embedded Print Engine

PDF&出力の手引き

PDF&出力の手引き:PDFを、効率良く、安全に出力させるための情報を紹介しています。
IllustratorやInDesignからの出力について紹介しています。
Adobe Creative Cloudに対応した印刷機器をご案内しています
コンタクト
アドビ プリント部門 : PDFprint@adobe.com

関連記事

ページ上部へ戻る