ウクライナ情勢最新情報 5月12日(木):ARD Tagesschau Live Blog


ウクライナの激戦地ハリキウからプラハの友人宅に避難してきた女性を支援する活動を行っています。ご一読の上、カンパに参加頂ければ有難いです。
セブン銀行 パンジー支店(店番号 103)口座番号:3491537
口座名義:オオノアキヨシ 現在までの累計 1,011,000円
4月 10日時点での実績報告


ドイツの公共放送 ARDニュースサイト Tagesschau.deに掲載されたウクライナ関連情報をアップし、随時更新します。日本の報道ではイマイチ隔靴掻痒感が否めませんが、紛争当事者ではないにしても、欧州の近隣国の利害に直接絡むドイツからの情報は緊迫感があり貴重なものです。自分で読むために DeepL翻訳していますが、折角なのでここにアップします。本文・画像共にソースは Tagesschau.deです。
時系列的には一番上が新しいニュースです。

———————–(時系列)———————–

00:22 ウクライナ大使、EU加盟へのさらなるコミットメントを要求

アンドレイ・メルニク駐日ウクライナ大使は、ドイツ政府がウクライナのEU加盟に向け、より強いコミットメントを行うことを期待している。Redaktionsnetzwerk Deutschland(RND)によると、メルニク氏は「武器の供給や制裁強化のほかに、EU加盟への支援を得ることが主な目的だ」と述べたという。EUは6月末までに候補者資格を決定するため、ドイツ人が他の懐疑論者を説得するのに役立つことが重要であろう。結局のところ、これはドイツとEUの利益になるのだ、とメルニク氏は言う。

12.5.2022 – 23:09 ロシアのミサイルがKremenchukの製油所を直撃。

ウクライナ情報筋によると、ウクライナ中部の工業都市クレメンチュクに、ロシアのミサイルが相次いで命中したとのこと。ウニアン通信によると、2ヶ月半前の戦争開始以来、これまでで最大の攻撃で製油所も被害を受けたと地方軍部長ドミトリー・ルーニンが述べた。”火災が発生し、救助隊が出動しています” また、人に危害を加えることはなかったという。ロシア軍は合計で12発の種類不明のミサイルを発射したという。

12.5.2022 – 23:01 セレンスキー顧問、ロシア指導部を “馬鹿 “と非難

ウクライナ大統領顧問のオレクシー・アレストヴィッチ氏は、戦争の出来事について時折誤った分析をするのは、ロシアの政治・軍事指導者側の「ひどい馬鹿さ加減」のせいだという。「ヴォロディミル・セレンスキー大統領顧問は今晩、ウニアン通信の報道によると、「私は実際、彼らは平均的な心を持った人々だと思う。 しかし、彼らはあまりにも愚かで、私には思いもつかないようなことをする」と述べた。ロシアは最近、さらに15の戦闘部隊を「かき集めて」戦いに投入したという。アレストビッチは、「過去5.5千年の軍事史の中で、これ以上の馬鹿騒ぎはない」と述べた。最近では、ウクライナの首都キエフに対するロシア軍の新たな攻勢を否定せず、「無意味な自殺」についても語っていた。

12.5.2022 – 22:26 ロシアの攻撃で少なくとも7人が死亡

ウクライナの情報筋によると、ロシアの攻撃で少なくとも7人が死亡している。ドネツク州のパブロ・キリーレンコ知事はTelegramに、今日そこで4人の民間人が殺されたと語った。他に5人が負傷した。軍関係者によると、ウクライナ北部チェルニヒフ州のノボロド・シバースキーという町でロシアの空爆により、少なくとも3人が死亡したとのこと。12人が負傷した。ウクライナのタスクフォース「ノルド」は、ロシアが学校とシェルターのある施設に複数のミサイルを発射したとフェイスブックで発表した。この情報についても、独自に検証することはできません。

ソースとしての紛争当事者 ロシアとウクライナの紛争当事者の公式ソースからの戦争の経過、砲撃、死傷者に関する情報は、現状では独立して直接確認することができません。

12.5.2022 – 22:24 バチカン:自衛のためのウクライナへの武器供与は正当化される

バチカン外相のポール・ギャラガー氏によれば、ウクライナは間違いなく自衛権を持っている。そのため、キエフへの武器供与は正当化されると、バチカンの外交官は今晩、イタリアのテレビ番組『TG2ポスト』に語った。しかし、武器の使用は適切でなければならず、核戦争は何としても避けなければならない。 ギャラガー氏は、来週の水曜日にキエフに行くことを確認した。また、現地ではデニス・シュミハル首相との会談も予定されている。以前から計画していた旅行だったが、コロナの感染症で延期せざるを得なかった。

12.5.2022 – 22:06 セレンスキー、プーチンとの会談の準備はまだできている

ウクライナのヴォロディミル・セレンスキー大統領は、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領と話す意志を再び表明した。セレンスキー氏は、イタリアのテレビ局Raiのインタビューで、「我々は合意に至らなければならない」と述べた。会談の条件として、最後通牒はあってはならない、と。セレンスキーは、ウクライナはクリミア半島をロシアの一部と認めることはないと述べた。インタビューの抜粋を先行公開。その中でセレンスキーは、フランスのマクロン大統領がプーチンに屈辱を与えないように警告した発言について質問された。「ロシア軍に退去してもらいたい。”領土で支払うことでプーチンの面目を保つ “なんてことはしない。セレンスキー氏も、「それは不当だ」と穏便な考えを示した。”ロシアの未来を考えなければならない “と。「ウクライナの大統領である私が言うのもなんだが、彼らは我々の隣人である。他の大統領、他の大統領、他の世代がいるだろう」と、セレンスキー氏はロシアに言及した。

12.5.2022 – 22:02 国連、学校への爆撃の中止を呼びかけ

国連は、ウクライナの学校への軍事利用だけでなく、空爆の中止も求めている。「国連児童基金副事務局長のオマル・アブディ氏は国連安全保障理事会で、「全国で数百の学校が、人口密集地での重砲や空爆などの爆発物による打撃を受けたと報告されている。”このような攻撃は止めなければならない” 「他の学校は、情報センター、緊急避難所、物資供給センター、軍事目的などに使われており、学校に戻る子どもたちに長期的な影響を及ぼしている」とアブディは続けた。

12.5.2022 – 21:48 ドネツク州で少なくとも5人の市民が殺害された

ウクライナの情報筋によると、ドネツク州でロシア軍とウクライナ軍の激しい戦闘があり、少なくとも5人の民間人が死亡した。地方行政機関がテレグラムニュースサービスで伝えたところによると、ノヴォセリフカ、アヴディフカ、ライマンの各村で4人が殺害されたとのことです。親ロシア派分離主義者の支配下にあるヤシヌバタでは、メディアによると、別の民間人が戦闘で死亡したという。この情報は、独自に検証することはできません。

12.5.2022 – 21:44 ウクライナ軍、ロシア軍艦の被害を報告

ウクライナ軍が黒海でロシアの兵站戦艦を損傷させたと報告した。オデッサ軍管区の軍報道官は、「Vsevolod Bobrov」はスネーク島の近くで被弾し、炎上したとネットで発表した。詳細は不明です。この情報は、独自に確認することはできません。

ソースとしての紛争当事者 ロシアとウクライナの紛争当事者の公式ソースからの戦争の経過、砲撃、死傷者に関する情報は、現状では独立して直接確認することができません。

12.5.2022 – 21:30 戦争のための政府支出は83億ドル

ウクライナはロシアの侵攻後、83億ドルを戦費として投入しなければならなかった。Serhiy Marchenko財務大臣もロイター通信に、4月の税収は予定の60%に過ぎなかったと述べた。結局、80%近くが海外からの援助によって達成されたのだという。戦争があっても、国は国債を発行し続ける。

12.5.2022 – 20:38 ロシアがフィンランドへのガスを遮断する可能性

フィンランドの高位政治家が、ロシアが明日にも天然ガスの供給を停止する可能性があることを知らされたと新聞が報じた。ヘルシンキ政府は近い将来、NATOに加盟する意向を表明しており、ロシアではこのことに疑念が持たれている。確かに、フィンランドで消費される天然ガスのほとんどは隣国から供給されている。しかし、フィンランドのエネルギーミックスに占めるガスの割合はわずか5%である。

12.5.2022 – 20:35 G7はウクライナの穀物輸出の封鎖を解きたい

民主主義の先進国で構成されるG7グループは、ロシアの侵略戦争にもかかわらず、ウクライナが主要な穀物輸出国であり続けることができるようにしたいと考えています。バルト海に面したヴァイセンホイザー・シュトラントで行われた他のG7諸国との協議の冒頭で、アナレナ・バーボック外相は、ロシアによる穀物封鎖を解除し、ウクライナの穀物を世界にもたらす方法を共同で議論していると述べた。現在、ウクライナの港、特にオデッサでは、戦争のために2500万トンの穀物がブロック化されているという。

12.5.2022 – 19:02 600万人以上がウクライナから脱出

国連難民高等弁務官事務所によると、これまでにロシアのウクライナ侵略戦争から逃れた人は600万人以上にのぼるという。240万人の難民がウクライナの近隣諸国を経由して、さらに西へと移動している。UNHCRによると、難民の数はこうしてシリア紛争から逃れた人の数を上回った。フィリッポ・グランディ国連難民高等弁務官によると、11年間の戦争で570万人がシリアから逃れたという。これまで世界最大の難民問題と言われていた。これまでに160万人がウクライナに帰還しているが、国境を越えた人たちだけがカウントされている。これらの人々の帰還がどの程度「持続可能」であるかは不明である、とUNHCRは述べている。

12.5.2022 – 18:54 ウクライナ:製鉄所からの負傷兵の避難について交渉中

ウクライナは、マリウポルにある包囲されたアゾフ製鉄所から重傷の兵士を避難させることに関してロシアと交渉していると発表した。Iryna Vereshchuk政府副代表は、会談は「非常に困難」であると述べた。当面は、捕虜となったロシア人と交換できる38人の兵士だけが話し合われていた。この交渉で、500〜600人のウクライナ人が製鉄所から引き抜かれる可能性があると、以前からいろいろなメディアで言われていた。ウェレシュトック氏は、このオーダーを否定した。”一歩一歩前進している”

12.5.2022 – 18:33 CDU/CSUは前首相の特権を制限することを望んでいる

ロシアとの接触のため、CDUとCSUは元SPDのゲアハルト・シュレーダー首相に圧力をかけ続けている。CDU/CSUの議員連盟は、連邦議会にロシアの侵略戦争に対する法的反応に関する動議を提出した。中でも、元政府関係者が「外国の利益のために自己を利用することにより、国の名誉に著しい損害を与える」場合には、年金の受給権を剥奪することを定めています。

CDU/CSU議会グループの法政策スポークスマンであるギュンター・クリングスは、シュレーダーがロシアのウラジーミル・プーチン大統領と関係があることを批判した。シュレーダー氏は、ウクライナへの攻撃にもかかわらず、ロシアのエネルギー企業ガスプロムとロスネフチのポストを手放さなかったことで大きな批判を浴びている。AfDによる法案では、元理事長の事務所、スタッフ、公用車の終身利用を4年間に制限することが提案されている。

18:16 バーボック、キエフの戦闘機要求に慎重な姿勢

アナレナ・バーボック外相は、ウクライナの西側戦闘機納入の要求に難色を示した。バルト海のヴァイセンホイザー・シュトラントで開かれた民主工業国グループG7の外相会議の冒頭で、緑の政治家は飛行禁止区域の設定に関する以前の見解に言及した。飛行材料」の納入については、すでに明確な立場をとっています。

ドイツ政府とNATOは、ウクライナ上空の飛行禁止区域の設定に厳しく反対しており、その実施がNATOとロシアの直接対決につながることが懸念されるからである。そうなれば、ウクライナの戦争は劇的にエスカレートする危険性がある。

17:54 ウクライナ:マリウポルから3000人の市民が抑留されたと報道された

ウクライナの人権委員によると、マリウポルの約3000人の市民が親ロシア派の分離主義者によって管理されている刑務所に収容されているとのこと。リュドミラ・デニソヴァはソーシャルメディアで、キエフ政府は東部のドネツク州に少なくとも2つの刑務所があり、そこでは長年争われてきた港町の市民が収容されていると述べた。非人道的な環境」が蔓延する刑務所。人々は「拷問され、尋問され、処刑されると脅かされ、協力を強要される」。また、取り調べの後に行方不明になった人もいる。その他の人たちは、不特定の書類に署名した後、36日後に釈放された。ウクライナ当局は国連に介入を呼びかけている。

ソースとしての紛争当事者 ロシアとウクライナの紛争当事者の公式ソースからの戦争の経過、砲撃、死傷者に関する情報は、現状では独立して直接確認することができません。

17:23 国連:この1ヶ月で少なくとも100人の子供が死亡

国連の統計によると、ウクライナでの戦争で、この1カ月間に少なくとも100人近くの子どもが死亡している。国連の児童機関ユニセフのオマル・アブディ副所長は、ニューヨークで開かれた国連安全保障理事会で、「実際の数はもっと多いと思われる」と述べた。会議では、紛争における人道的状況に焦点を当てました。アブディ氏は、戦闘によって多くの子どもたちも負傷したと付け加えた。数百万人が避難し、学校は攻撃にさらされているという。”ウクライナの戦争は、他の戦争と同様に、子どもの保護と子どもの権利の危機である。”

17:10 国連人権理事会、拉致被害者へのアクセス求める

国連人権理事会はロシアに対し、ウクライナからロシアに拉致されたとされる人々への人道支援者のアクセスを直ちに許可するよう要請した。加盟国47カ国のうち33カ国が賛成票を投じました。反対票を投じたのは中国とエリトリアだけで、他の12カ国は棄権した。ミシェル・バチェレ国連人権高等弁務官は、1日の会期の冒頭で、調査中の人権侵害の多くが “戦争犯罪に相当する可能性がある “と発言していた。

16:59 プーチン:分離主義者の領土は二度とウクライナの支配下に置かれることはない

ロシアのプーチン大統領は、ウクライナのドンバスにある分離主義者の保有する領土が、ウクライナの支配下に戻ることがないようにしたいと考えている。自称ルハンスク人民共和国のレオニード・パセッチニク首長に、メッセージでこのことを確約した。

ロシアは長年にわたりウクライナの工業地帯で分離主義者を支援し、ドンバス地域のルハンスクとドネツクで彼らが持つ領土を侵攻前に独立したものとして承認していた。クレムリンが発表したメッセージによると、プーチンは、”我々の共同の努力によって、(ルハンスク人民共和国の)独立、主権、領土の完全性を守ることができると確信している。”と述べた。

パセッチニク氏は、ウクライナの支配下に戻ることは望んでおらず、住民の多くは分離主義地域がロシアの一部となることを望んでいると述べた。モスクワは、キエフが分離主義地域への攻撃を計画していたなどと主張し、ウクライナでの攻撃を正当化しようとしている。ロシアはそこの人々を守るために介入してきたのだ。

16:39 ラウターバッハ、ウクライナへの医療支援を約束

ドイツの保健大臣カール・ラウターバッハは、戦時中の医療を維持するために、ウクライナにさらなるドイツの支援を約束した。ラウターバッハがウクライナ側と会談した後、連邦保健省がTwitterで発表したように、これは主に火傷のための外傷センターの設立と人工関節の供給に関するものである。

ウクライナは重火器だけでなく、「住民に医療を提供するための我々の連帯も必要だ」とラウターバッハは強調した。ロシアがウクライナの病院を破壊することにまで踏み込んできたことは衝撃的だと訴えた。ドイツはまた、すでに可能な限り、医療施設の再建に協力したいと考えている、と彼は言う。

16:32 クレバは凍結された資金を復興に使いたい

ウクライナのドミトロ・クレバ外相は、自国の再建のために海外に凍結されているロシアの資金を要求することを想像している。「法的にも政治的にも複雑な問題だ」とクレバ氏はDie Welt紙に語った。それを成功させるには、準備された法的な道筋と、それを実行する政治的な意志が必要だという。

「すでに、必要な法律を成立させると約束してくれている国もあるんですよ。ドイツはまだその中に入っていない。しかし、ウクライナの復興資金を調達するには、それが最も経済的に賢明な方法であるため、ドイツの参加を希望すると述べた。”ロシアが破壊した、ロシアに償わせろ “と。それが公平な解決策だ」と述べた。

16:09 ショルツ氏、フィンランドに支援を確約

ドイツのオラフ・ショルツ首相は、フィンランドのNATO加盟に対するドイツの支持を確約した。ショルツ氏はツイッターで、フィンランドのNATOへの即時加盟を支持する決定を歓迎すると書き込んだ。フィンランドのSauli Niinistö大統領との電話会談で、ドイツ政府の「全面的な支援」を確約した。

15:45 ロシア:攻撃で300人以上のウクライナ人兵士が死亡

ロシア軍によると、24時間以内に激しい空爆とミサイル攻撃で数百人のウクライナ兵を殺害し、多数の軍用車両を破壊したという。空対地ミサイルは「320人以上の国粋主義者を破壊し、72台の軍用車両を行動不能にした」とロシア国防省のイーゴリ・コナシェンコフ報道官は述べた。この情報は、当初は独自に確認することができませんでした。

一方、ミサイル部隊と大砲は、400以上の部隊と軍事コンボイ、12の司令部、26の敵砲兵陣地に発砲した。

ソースとしての紛争当事者 ロシアとウクライナの紛争当事者の公式ソースからの戦争の経過、砲撃、死傷者に関する情報は、現状では独立して直接確認することができません。

15:42 ドイツ軍の避難フライトがドイツに到着

戦争で負傷した20人以上のウクライナ人がドイツ連邦軍によってドイツに空輸された。ドイツ空軍の特別機A310 MedEvacがフランクフルト/マイン空港に着陸したことが、dpa通信の取材でわかった。空軍は、ウクライナとの国境から約90キロ離れたポーランドの都市ルジェスゾフの空港で、ウクライナ人と数人の仲間を機内に連れ込んだ。

ここ数週間、ケルンに駐機する同機は、より良い医療を提供するため、重傷を負った子どもや大人を治療のためにドイツに運ぶために繰り返し使用されています。A310 MedEvacは空軍の空飛ぶ集中治療室です。負傷者はさらに救急隊員によって空中で手当てを受ける。

15:19 ウクライナ外相が欧米の戦闘機を要請

ウクライナのドミトリー・クレバ外相は、ドイツ訪問中に、同国の対ロシア防衛のために欧米の戦闘機とミサイル防衛システムを提供するよう要請しました。「ソ連のシステムは忘れよう、あれはもう終わったことだ」とDie Weltのインタビューに答えている。「このまま戦争が続けば、ソ連の兵器の最後の在庫は、我々に譲ってくれる国々ですぐに使い果たされてしまうだろう。すでにそうなっている人もいます。”

クレバは、ドイツが武器供給に消極的であることを改めて批判した。ドイツが約束したゲパルト対空戦車は、ウクライナから要求すらされていないことを強調した。「ゲパルトを要求しなかったのは事実だが、ドイツ政府にとって決定的なのは、むしろ自分たちが必要としないものを与えてくれることだったようだ」と述べた。また、当初はチーター用の弾薬がなかったと不満を漏らしていた。”頼んでもいないことにまず同意し、その後、システムがまったく稼働しないことがわかったのは、いくつかの疑問が残る”

15時17分 スイス、ロシア人の凍結資産の一部を公開

対ロシア制裁に関連してスイスが凍結した資産の量は、ここ数週間で減少しています。経済局(Seco)のErwin Bollinger氏が記者会見で述べたように、制裁のため、現在約63億スイスフランがブロックされている。ちょうど1ヶ月前、まだ75億フラン程度でした。一方、特に銀行は、さらに22億フランを計上しました。しかし、その見返りとして、34億フランが放出されたのである。

15:09 オランダ首相:ウクライナは西側の未来に関わること

オランダのルッテ首相によれば、ウクライナ戦争は西側の未来にも関わることだという。それは「民主主義と国際的な法の支配の未来」についてだと、ルッテはウクライナ議会でのビデオ演説で述べている。”自由 “について、あなたと私たちの “自由 “について。したがって、この戦争は私たちの共通の未来にかかわるものなのです。ルッテ首相は、ウクライナの全面的な支援を約束し、最終的にはウクライナが勝利するとの確信を表明した。”ゴリアテ “に対する “ダビデ “のようなものです。そして、この戦いに勝ったのは誰なのか、皆知っている。”

14:56 ガスプロム:ポーランド経由のヤマルパイプラインによるガス配送を停止

ロシアのエネルギー大手ガスプロム社は、ポーランドを経由するヤマル-ヨーロッパ・パイプラインによるガス輸出ができなくなったと発表した。その背景には、パイプラインのポーランド区間を所有する同社に対するロシアの制裁があったという。”制裁対象企業への取引・支払い禁止 “と国営企業は説明する。”ガスプロムにとって、これはEuRoPol GAZが所有するガスパイプラインを使用して、ポーランド経由でロシアのガスを輸送することを禁止することを意味します。”

14:51 ロシアのタクシー会社、顧客データを情報機関に提供へ

ロシアのタクシー会社は間もなく、顧客のデータをロシア秘密警察に引き渡すことになる。これは、政府が提出し、ロシアの下院であるドゥーマのウェブサイトで公開されている法律案に規定されています。法案によると、顧客がスマートフォンのアプリで乗車注文をするロシアの人気タクシー会社は、今後、顧客データをロシア秘密機関にリアルタイムで転送することが義務づけられる予定である。これまでは、ロシアの秘密情報機関FSBが要求に応じてデータを受け取ることができました。ロシア地方タクシー協会のイリーナ・サリポワ会長によると、タクシー会社は現在、30日以内にこの要求に応じなければならないという。

2月24日にロシアがウクライナで軍事作戦を開始したことにより、ロシアでの規制がさらに強化された。

14:35 ウクライナ、欧州向けガスパイプラインの再開は通過検査後を希望

ウクライナは、保証が得られるまでは、中断している重要なルートであるソクラノフカ経由でロシアからヨーロッパへのガスを再開することを望んでいない。キエフはまずガス輸送システムの制御を取り戻さなければならない、とネットワーク運営会社のGTSOUがロイター通信に質問したところ、こう答えたという。GTSOUによると、ロシアからウクライナ経由でヨーロッパに送られる天然ガスの約3分の1は、かつてソフラノフカを経由していたという。しかし、水曜日には停止が発表されました。このガスパイプラインは、2014年からロシアに支援された分離主義者の支配下にあるウクライナのルハンスク州の一部を通るものです。

14:30 欧州委員会:ウクライナ、数百万トンの穀物を引き渡せず

EU委員会によると、数百万トンの穀物がウクライナの農業用倉庫を塞ぎ、国際的な食糧供給を困難にする恐れがあるとのことである。EUのアディナ・ヴァリーン運輸担当委員は、「2,000万トンの穀物が3カ月以内にウクライナから出荷されなければならない」と述べた。このままでは、次の収穫に必要な倉庫を占拠してしまう恐れがあるという。

そのため、欧州委員会は今回、輸出品を陸路で販売する方法に関する行動計画を発表したのである。しかし、人道支援などの物資は、いわゆる連帯トラックで国内に持ち込まれることになっている。課題の一つは、ウクライナの貨車はEUの鉄道網のほとんどに対応していないため、ほとんどの貨物をトラックや他の貨車に移し替えなければならないことです。また、国境にはこの手間のかかる作業を行うための設備がほとんどない。

14:22 ウクライナ外相、SPDのこれまでのロシア政策を容認

ウクライナのドミトロ・クレバ外相は、多くの人が甘すぎると批判してきたここ数十年のSPDのロシア政策を許した。「戦前の独ソ関係の歴史と、そこでの社会民主党の役割は、もはや歴史になった」と、クレバ氏はベルリンでSPDのラース・クリングバイル党首、SPD議会グループリーダーのロルフ・ミュッツェニヒ氏と会談した後、述べた。ウクライナ外相は、社会民主党のオラフ・ショルツ首相が、ドイツの武器輸出とエネルギー政策についてUターンしたことを指摘した。

「このような決断を下すのは簡単なことではないことは分かっている」とクレバは言った。首相が党の支持を受けてそれを行ったのは、「これまでの政策が失敗し、新しい政策が必要だと認めるだけの強さがある」ということだという。

14:15 プーチンは小麦の記録的な収穫の見通しを示している

ロシアは、欧米の制裁にもかかわらず、今年も小麦の輸出を増やすだろう-少なくともウラジーミル・プーチン大統領によれば、豊作になる可能性があるからだ。プーチンは、モスクワで開かれたビジネス界の高官との会合で、収穫期について「ロシアの歴史に残る新記録になるかもしれない」と述べた。声明によると、今年の穀物収穫量は1億3000万トンに達し、そのうち小麦は8700万トンになると予想されています。ロシアは2020年に過去最高の1億3350万トンの穀物を収穫し、そのうち小麦は8590万トンだった。しかし、昨年は収穫量が少なかった。プーチンは、輸出に関する具体的な試算を示さなかった。

14:14 時:ロシアの制裁はガス供給に影響なし

ロシアが発表したエネルギーセクターの企業に対する制裁措置を受けても、ドイツ当局は現在のところ、ドイツ国内のガス供給への影響はないと見ています。連邦ネットワーク庁の日報によると、供給は安定しており、引き続き安全が保障されているとのことです。制裁措置により入手できないガス量は、現在、欧州のガス市場で全量調達しています。全体として、ドイツへのガスの流れはほぼ横ばいである、と報告書は続ける。

ただし、卸売物価は緩やかな上昇を記録しましたが、上昇幅は過去数週間の変動幅の範囲にとどまりました。

13:38 Habeck: 今、ロシアは石油とガスを武器として使っている

ロバート・ハーベック連邦経済大臣は、ロシアのガス制裁をエネルギー供給国との対立における新たな段階と見ている。石油とガスを武器として使うという構想が具体化しつつある、と緑の党の政治家はベルリンで述べた。”ロシアから毎日1,000万立方メートルの量のガスが供給されている “というのは、もはやあり得ない話です。しかし、この数量は、おそらく高価格ではあるが、交換可能であると彼は言う。この数量は、今年一杯のドイツの需要の約3%に相当するとのことだ。ドイツの支配下にあるガスプロム・ゲルマニアに対する制裁の狙いは、どうやら購買コストを高くすることにあるようだ。

13:27 シーメンス、ロシアから撤退

約170年の歴史を持つ工業コングロマリット、シーメンスが、ウクライナ戦争の影響でロシアでの事業を停止することになった。グループCEOのローランド・ブッシュは、「我々はウクライナでの戦争を非難し、秩序あるプロセスでロシアでの産業用事業活動を終了することを決定した」と述べています。戦争と対ロ制裁措置は、前四半期のグループの業績に大きな影響を与えました。

13:23 国連:ロシア、ウクライナ戦争で最も多くの民間人犠牲者を出す

国連によると、ウクライナ戦争で民間人が犠牲になった原因のほとんどは、ロシアとその同盟武装集団にあるという。ミシェル・バチェレ人権委員は、国連人権理事会の特別会合で、爆発兵器、重砲、複数のロケットランチャー、ミサイル、空爆の使用によって引き起こされたものだと述べた。バチェレ氏は、双方の武器使用によって民間人が苦しんでいると述べた。しかし、犠牲者の「圧倒的多数」はロシア軍とその同盟武装集団に起因するようだ、と彼女は言った。

13:20 ウクライナ軍:ロシア軍の橋2本が破壊された

ウクライナ東部のルハンスク州では、ウクライナ軍がシバースキー・ドネツ川にかかるロシア軍の橋2基を破壊したと発表した。「ビロホリフカはロシアの猛攻に耐えている。防衛隊はポンツーン橋を2回破壊した」と、同地域のセルヒ・ハジュダージ軍総督はテレグラム・ニュースサービスに書き込んだ。3つ目の橋はすぐにでも破壊されるに違いない。また、破壊された数十台の車両や装甲装備のドローン画像も紹介された。その写真は、すでに前日から出回っていた。

Krywyj Rihの第17戦車旅団の砲兵が攻撃を行ったと言われている。ウクライナ軍参謀本部は、朝の報告で、敵はそれでも川を渡ってきたと述べている。Hajdajも “状況は著しく悪化している “と認めている。それによると、Bachmutの町からLyssychanskとSyeverodonetskへの供給ルートは、捕獲したPopasnaからのロシアの進撃と合わせて、引き続き深刻な脅威にさらされているとのことである。

13:17 ハベック、新規ガス契約への資金保証を約束

ドイツの経済大臣Robert Habeckによると、ロシアのカウンターサンクションの影響を受けたガスプロム・ドイツの子会社は、より高い価格で新しい供給契約を結ばなければならないかもしれないとのこと。「この価格を提供するためには、金銭的な保証が必要だ」とハベックは言う。”そしてそれらを提供する”

13:15 ウクライナのESCの人気者は、家族のことをとても心配している

ウクライナのバンドKalush OrchestraのボーカルOleh Psiukは、ユーロビジョン・ソング・コンテスト(ESC)の決勝を前に、ウクライナの家族のことをとても心配しています。「27歳のラッパーはトリノでAFP通信に、「母はウクライナにいるし、親戚もたくさんいる。「本当に宝くじみたいなもので、どこに危険があるか分からない」と、プシュクさんは戦争が始まってからの祖国の状況を語った。”だからこそ、すべての人々とウクライナの親族のことがとても心配なのです。”

13:14 クレバ氏、ベルリンでウクライナのEU候補国入りを求めるキャンペーンを実施

ドイツを訪問中のドミトリー・クレバ外相は、自国のEU加盟プロセスの早期開始を強く訴えた。「ウクライナがEUを必要としているのと同様に、EUもウクライナを必要としている」と、ベルリンでSPDのラース・クリングバイル党首およびSPD議会グループリーダーのロルフ・ミュッツェニヒ氏と会談した後、述べた。EUの加盟候補国であることは、ウクライナにとって最も重要な問題であった。世論は双方とも賛成しているという。”私たちは、自分たちの手で歴史を作っている瞬間がある” EU委員会は、ウクライナを候補国にするかどうか、6月に勧告を行う予定である。

13:11 Habeck: 毎日約1000万立方メートルのガスが減少しています

ロベルト・ハーベック連邦経済大臣によると、ロシアのガスプロム・ゲルマニアに対するカウンターサンクションにより、ドイツに供給されるガスが毎日約1000万立方メートル少なくなるという。このガスは、他の場所で調達することも可能だという。「今日は警戒レベルを宣言しない」とHabeckは言う。これは、かなりの数量がドイツに届かない場合にのみ計画されるものです。早期警戒レベルは維持されます。

13:09 ロシア:フィンランドのNATO加盟に反応するだろう

モスクワの外務省によると、ロシアは隣国フィンランドのNATO加盟に反応するとのこと。「フィンランドによるNATO加盟は、フィンランドの外交政策の根本的な変化である」と同省は述べている。”ロシアは国家安全保障に対する脅威の増大を食い止めるために、軍事技術的な対策とその他の対策の両方を講じなければならなくなるだろう”。フィンランドとロシアは、約1300キロメートルの国境を接している。

13:02 アテネ:代替システムなしの重火器はウクライナに渡さない

ギリシャがウクライナに重火器を供給できるのは、NATO加盟国の在庫から同様の兵器システムに置き換える場合のみだと、同国国防相は述べている。しかし、これらの代替兵器は「直ちに」提供されなければならない、とニコス・パナギオトプロス氏はギリシャ議会で述べた。ギリシャの新聞報道によると、アメリカはここ数日、アテネに防空システムを提供するよう要求していたという。

アテネは、トルコからの脅威と、レスボス島、ヒオス島、ロードス島などギリシャの多くの有人島の上空を常に飛び交うトルコの戦闘機によって、その立場を正当化している。

12:59 クレムリン:ガスプロムの旧子会社は現在、ガス取引から除外されている

クレムリンによると、ロシアの国営エネルギー会社ガスプロムの旧外国法人は、ロシアとのガス取引を完全に禁じられることになった。Interfax 通信によると、クレムリンのドミトリー・ペスコフ報道官は、「企業はもはやプロセスに参加することはできない」と述べた。ロシアは制裁を受けた企業とはもう関係を持たないだろう、と彼は付け加えた。「と、ペスコフ氏は語った。「彼らは単に禁止されているだけだ。したがって、欧州の他の企業がロシアとのガス取引を引き継がなければならない。

ペスコフは、前日に発表された制裁措置の実施について、具体的な内容は述べなかった。クレムリン報道官はガスプロムについて言及した。この件に関して、同社はまだコメントを出していません。

12:49 セレンスキー、フィンランドのNATO加盟希望を歓迎

ウクライナ大統領Volodymyr Selenskyjは、フィンランドのNATO加盟の希望を歓迎する。フィンランドのサウリ・ニーニスト大統領に電話でそう伝えたと、セレンスキー氏はTwitterに書いている。”ウクライナの欧州統合 “の話もしました。そして – 防衛に関する相互作用”.

12:44 メトロ、ウクライナ戦争による損失を見込む

ロシアのウクライナ戦争により、第2四半期に卸売グループのメトロが大幅な赤字になりました。2021/22年度(9月期)通期では、最終損益が赤字になる見込みです。メトロのCFOであるクリスチャン・バイエルは、四半期ごとの数字に関する電話会議で、通期の1株当たり利益(EPS)がマイナスになるとの見通しを示しました。

第2四半期は、特にロシアでの評価損や為替のマイナス影響により、最終損益が赤字幅を拡大したことは、前日の夕方にメトロが発表した通りであり、速報値で確認した。純損失は2倍強の284百万ユーロとなりました。ウクライナ戦争に関連する請求は2億ユーロ以上にのぼります。

12:42 p.m. Stoltenberg、フィンランドのNATO早期加盟の可能性を示唆

NATOのイェンス・ストルテンベルグ事務総長は、フィンランドが早期に軍事同盟に加盟するとの見通しを示している。「フィンランドが加盟を決めた場合、NATOに温かく迎え入れられ、加盟手続きはスムーズかつ迅速に進められるだろう」とストルテンベルグ氏は言う。フィンランドの加盟は、NATOとフィンランド双方の安全保障を強化することになる、とストルテンベルグ氏は言う。「フィンランドはNATOの最も近いパートナーであり、成熟した民主主義国家であり、欧州連合のメンバーであり、欧州・大西洋の安全保障に重要な貢献をしている。”と述べた。

12:28 ポーランド、フィンランドのNATO加盟に「できるだけ早く」賛成

ポーランドのマテウシュ・モラヴィエツキ首相は、フィンランドの政治指導者がNATOへの早期加盟を望んでいることを「ポーランドとヨーロッパの安全保障にとって良いニュース」と評価しています。「ポーランドはフィンランドができるだけ早く同盟に参加することに賛成している」とモラヴィエツキはTwitterで発表した。

12:19 p.m. ノルドストリーム2の会社は、とりあえず債務超過を回避

ロシアのガスパイプライン「ノルド・ストリーム2」の運営会社は、当面の間、破産を回避することができた。スイスのツーク州に本社を置くノルトストリーム2は、スイスの商業官報(SHAB)の新しい記載によると、州裁判所から今年9月10日までの暫定的なモラトリアム(一時停止)が認められました。これは “Badische Neueste Nachrichten “で初めて報告されたものである。また、仮管理人も任命されました。

弁護士によると、モラトリアムでは、まず裁判所が支払い困難な企業に対し、仮のモラトリアムを認めるという。同時に、裁判所は残された財産が保全されるような措置をとります。管理者の協力を得て、組成協定の見通しを検討することになる。

12:18 PM ロスネフチはロシア産以外の原油の処理に前向き

ロシア国営企業ロスネフチの子会社である石油会社ロスネフチ・ドイッチュラントは、シュヴェットにある製油所でロシア産以外の石油を処理することに前向きな姿勢を示している。「ロシアの石油を禁止する法律があれば、ロスネフチ・ドイッチュラントはもちろんそれに従う」と同社広報のブルクハルト・ヴォエルキ氏はdpa通信に語った。”はい、他の油も加工しています。すでに過去にPCKで同等の他の原油を処理した実績があります。”

EUでは、ロシアの石油の輸入を半年で禁止する方向で協議が進んでいる。ブランデンブルク州シュヴェット/オーデルにあるPCK製油所は、これまで主にロシアからのパイプライン「ドルジバ」(友好)を終点とするロシアの石油を処理していた。

12:11 PM ポーランド国境警備隊:ウクライナから330万人以上

ロシアのウクライナ攻撃開始以来、330万人以上の人々がそこから隣国ポーランドに安全を求めて避難している。これは、ポーランド国境警備隊がTwitterで発表したものです。昨日は、前日より17%多い21,200人が国境を越えてポーランドに入国した。

ウクライナ方面では、昨日27,500人が国境を越えた。戦争が始まって以来、合計で120万人近くがウクライナに入国している。当局によると、そのほとんどがウクライナ人であった。彼らは主にウクライナ軍が奪還した地域に移動しています。

戦争難民のうち、何人がポーランドにとどまり、何人が他のEU諸国に渡ったのか、公式な情報はない。2月24日にロシアが侵攻する前のウクライナの人口は4400万人以上であった。

12:00 クレムリン:フィンランドのNATO加盟は、ロシアにとって「明らかに」脅威となる

モスクワの指導者によれば、フィンランドのNATO加盟は、ロシアにとって「明らかに」脅威となる。クレムリンのドミトリー・ペスコフ報道官が説明したように、軍事同盟の拡大とNATOのロシア国境との和解は、「世界と我々の大陸をより安定させ、安全にするものではない」のです。ロシアはフィンランドのNATO加盟を脅威と考えるかという質問に対し、クレムリン報道官は「明白に」答えた。

12:00 クリングベール、ウクライナのEU加盟を支持する発言をした

SPD共同代表のLars Klingbeilは、ウクライナのEU加盟を支持する発言をした。ウクライナのドミトリー・クレバ外相との会談後、クリングベイル氏は、「ウクライナがEUに加盟し、加盟候補国となることを望むという明確なシグナルを送ることが重要だ」と述べた。EUは今、より地政学的な方法で行動し、「ウクライナや他の国々のために今すぐ」加盟の見通しを開く必要がある。

11:52 プーチン大統領の腹心のメドベージェフが、ロシアとNATOの衝突を警告した

ロシアのプーチン大統領の最側近であるドミトリー・メドヴェージェフ大統領は、ロシアとNATOがウクライナへの軍事支援をめぐって対立しないよう西側諸国に警告しています。「このような紛争は常に完全な核戦争に発展する危険性を持っている」と、プーチンの副官としてロシア安全保障会議のトップを務めるメドベージェフはテレグラムで述べている。

“NATO諸国がウクライナに武器を送り込み、西側の装備を使うよう軍隊を訓練し、傭兵を送り込み、国境付近で同盟国が演習を行うことは、NATOとロシアの間の直接的かつ公然の紛争の可能性を高める。”

ロシアとアメリカは、圧倒的に大きな核保有国である。ワシントンの軍備管理協会によると、ロシアは約6257個の核弾頭を、NATOの核保有3カ国(米英仏)は合わせて約6065個の核弾頭を保有しているという。

11:33 ウクライナを経由するロシアのガス輸送が大幅に減少

ロシアのガスプロム・グループによると、ウクライナを経由するロシアのガスの輸送量は、木曜日にほぼ3分の1に減少しているとのことです。ロシアの通信社インタファクスによると、本日、ウクライナ経由で合計5060万立方メートルが搬入される予定である。昨日は7200万立方メートルだった。

ウクライナのガスパイプライン運営会社GTSOUが発表した数量は、ガスプロムの数字と若干異なるが、同じオーダーである。彼らによると、前日の7300万立方メートルから木曜日に5300万立方メートルが供給される予定である。

配達量の減少は、お互いがお互いを非難し合っている。ウクライナは2日前から、ロシア軍の存在によりルハンスク州ソクラニフカの施設経由の配送はもはや保証できないとし、代わりにスジャのハブでの配送量を増やすようガスプロムに要請している。その代わり、ロシアは、Zhokhranivka経由の通過は問題なく行えるが、Zudzha経由の迂回は不可能であると言っている。

11:27 自治体 北東部での空爆による死者

ウクライナ当局によると、ウクライナ北東部でのロシアの空爆により、少なくとも3人が死亡、12人が負傷したとのことです。地元の救急隊によると、攻撃は真夜中過ぎにNovhorod-Siverskyjの町を狙ったものであった。ウクライナ軍は、空爆はSu-30SM戦闘機によるものと思われると発表した。同州のヴャチェスラフ・チャウス知事によると、学校、行政施設、住宅が被害を受けたという。

ソースとしての紛争当事者 ロシアとウクライナの紛争当事者の公式ソースからの戦争の経過、砲撃、死傷者に関する情報は、現状では独立して直接確認することができません。

11:24 EU自由党、シュレーダー前首相への制裁を要求

欧州議会の自由主義者たちは、ロシアとのつながりを理由にゲアハルト・シュレーダー前首相に対する制裁を要求している。dpa通信が入手した決議案によると、再生グループの議員たちは、ロシア企業の監督委員会のヨーロッパ人メンバー、特にシュレーダー氏を制裁リストに加えるよう求めている。

Renew Groupは、欧州議会におけるリベラル派を中心とした議員連盟である。ドイツからはFDPと自由有権者のメンバーが所属している。来週、レニューが起草した決議案が全会一致で採決されることになっている。

シュレーダーは、ロシアによるウクライナ攻撃にもかかわらず、ロシアのエネルギー企業に対するポストを切り離さなかったことで、大きな批判を浴びている。の開戦後初のインタビューでは、戦争は間違いだと言っていたが、長年親交のあるロシアのプーチン大統領と距離を置くことはなかった。ドイツでも、すでにSPDの政治家に制裁を加え、前首相の特権を剥奪する要求が出されている。

11時07分 米公使:技術売却禁止が影響

米国商務長官ジーナ・ライモンドによると、米国とその同盟国がロシアへの半導体などの技術売却を禁止したことが効果を上げているとのことだ。禁止令はロシアの軍備生産能力に影響を与えていると、ライモンド氏はワシントンで行われた上院公聴会で発言した。

ウクライナから、食器洗い機や冷蔵庫から半導体を取り出したロシアの軍事機器が発見されたとの報告があった。ロシアの戦車工場が2つ閉鎖され、多くの自動車工場が従業員を一時解雇し、閉鎖されていた。だから、制裁は非常に重大な意味を持ち、その継続が不可欠なのです。2月末のロシアのウクライナ侵攻を受けて制裁が発動されて以来、米国の対ロシア技術輸出は70%近く減少しているとライモンド氏は指摘する。

11:04 ARD特派員:連邦政府は不確実性を避けたいと考えている

ARD首都スタジオのKristin Schwietzer氏によると、ドイツ政府は、エネルギー安全保障の問題に関して、表向きはそうでも、裏ではそれほどリラックスしていないのだろうという。「消費者を不安にさせないよう、外見上は冷静に対応しようとしている」とシュビッツァーは言う。確かに、ロシア制裁で足りなくなったエネルギー供給は、他の輸入品で一部補うことができるかもしれません。しかし、プーチンが他に何を企んでいるかは分からない。
10:47 am バルト諸国はフィンランドのNATOの立場を歓迎する

バルト三国のリトアニアとエストニアは、フィンランドの政治指導者が迅速なNATO加盟に賛成していることを歓迎している。リトアニアのイングリダ・シモニテ首相は、「フィンランドの加盟は、同盟とバルト諸国の安全保障の両方を著しく強化するだろう」とツイッターに書き込んだ。”この偉大な歴史的な日をうれしく思います!”

エストニアのカジャ・カラス(Kaja Kallas)大統領は、「北の隣人たちによって歴史が作られている」とツイートした。フィンランドはエストニアの「全面的な支援」を期待できる、と彼女は付け加えた。フィンランドのサウリ・ニーニスト大統領とサナ・マリン首相は先に共同声明を発表し、自国が「遅滞なく」NATOに加盟することを呼びかけていた。

10:37 国連:「怪しげな人権侵害」

国連の数字によると、ロシアの侵略戦争が始まって以来、ウクライナで「ひどい人権侵害」が行われている。ミシェル・バチェレ国連人権高等弁務官は、ジュネーブで開催されている国連人権理事会の特別会合の冒頭でこのように述べた。「私の事務所は、国際人権法と国際人道法の違反の疑惑を調査し続けており、その多くは戦争犯罪に相当する可能性がある」とバチェレは述べた。バチェレによれば、そのほとんどはロシア軍とその同盟軍に起因するものだという。

議会はすでに、戦争犯罪裁判の可能性を探る証拠収集委員会を設置している。6月に作業を開始する予定です。ドイツはこのコミッションの主要な支払者の一人です。

10:24 ハベック:ロシアの不足分を市場が補うことができる

ドイツ経済大臣Robert Habeckによると、ドイツはロシアが発表したエネルギー分野の制裁に備えるとのことです。「我々はこの状況に備えてきた」と緑の党の政治家は連邦議会で語った。これまで、ロシアはガスプロム・ゲル マニアをはじめとするロシアのガス会社の旧子会社に対して制裁を課していました。

ロシアからのガスの損失を市場で補うことができる、とHabeckは言った。エネルギーが武器になることを示す開発であった。ドイツが将来にわたって安全であるための前提条件は、連邦政府が目指している再生可能エネルギーの拡大であると述べた。

10:12 am 10万人以上のウクライナ人留学生がドイツに滞在しています

ウクライナから逃れてドイツの学校に入学した子どもや若者の数が10万人を突破しました。ドイツ連邦共和国各州の教育・文化担当大臣常設会議(KMK)の最新データによると、先週の子ども・若者の数は現在、105,869人となっています。

人口の多いバイエルン州(20,695人)、ノルトライン・ヴェストファーレン州(18,232人)、バーデン・ヴュルテンベルク州(15,393人)は、これまでで最も入院者数が多いと報告されています。4月中旬、KMKのカリン・プリエン会長(CDU)は、学校に収容できる難民の生徒が最大で40万人という規模の可能性について言及していた。ドイツでは、合計で約1100万人の生徒が学んでいる。

09:51 デンマーク、フィンランド指導者のNATOの立場を歓迎

デンマークは、フィンランドの政治的リーダーシップによるNATOへの早期加盟の位置づけを歓迎する。「デンマークはもちろんフィンランドをNATOに迎え入れる」と、政府のメッテ・フレデリクセン氏はツイッターに書き込んだ。フィンランドの加盟は、NATOと共通の安全保障を強化するものである。デンマークは、正式な入会申込書が提出された後、迅速な入会手続きを行うために最大限の努力をします。その直前、フィンランドのサウリ・ニーニスト大統領とサナ・マリン首相は、自国のNATO加盟を「遅滞なく」支持する共同声明を発表していた。

09:43 クレバ:ガス問題の責任はロシアにある

ウクライナのドミトロ・クレバ外務大臣は、西ヨーロッパへのガス供給削減についてロシアを非難した。「ガスパイプラインという重要なインフラを手に入れたのはロシアだ」とクレバはARDの朝のニュース番組で語った。”今、私たちはこの移管を完全にコントロールできる状態にはありません。” クレバ氏は、「ウクライナは通過国として、何年も前からロシアのガスの供給元として信頼を得ていた。

ロシアのガスプロム・グループは昨日、ウクライナ経由で西側へのガス供給を続けているが、最近よりは少なくなっていると発表していた。ウクライナのネットワーク事業者であるGTSOUは、ウクライナ東部のルハンスク州での戦争のため、コンプレッサーステーションを稼働できなくなったと発表したことがありました。そのため、このルートを通るガスの流れが止まってしまうのです。

09:10 フィンランドの大統領と政府首脳、NATO加盟に賛成

フィンランドのSauli Niinistö大統領とSanna Marin首相は、自国のNATO加盟を支持する発言をした。共同声明で、西側軍事同盟への加盟を提唱した。これは「遅滞なく」申請する必要があります。決定のためにまだ必要な国家的措置が数日以内に迅速に取られることを、大統領と首相は共に希望した。

フィンランドは何十年も中立の立場をとっていたが、ロシアのウクライナ侵略戦争の印象でその態度が変わった。フィンランドはロシアと1300キロメートル以上の国境を結んでいる。

09:07 ドイツ、ロシアの石油購入量減少 – しかし支払いは増加

ドイツは開戦後最初の1ヵ月は、ロシアからの輸入品にかなりの金額を支払っていた。連邦統計局によると、3月のロシアからの輸入総額は、欧米の制裁にもかかわらず、77.7%増の44億ユーロに達したという。その理由は、商品価格の上昇です。最も重要な輸入品は原油と天然ガスで、輸入量は27.8%減少したものの、金額は56.5%増の24億ユーロとなった。

一方、ドイツの対ロシア輸出は3月に58.7%減の約10億ユーロとなった。2月も16.7%の伸びを示した。特に、機械貿易の減少が著しい。

ロシアから攻撃を受けているウクライナへのドイツの輸出は、3月に45.7%減の2億6580万ユーロに急落した。同時に、ウクライナからの輸入は27.5%減の1億960万ユーロとなった。

09:04 アリョーキナ:ロシア人は自由を愛している

ロシアの反政府パンクバンド「プッシー・ライオット」の活動家、マリア・アリョーヒナさんは、母国での自由への希望を捨てていない。彼女は1990年代の規制緩和を経験しており、ロシア人が自由を愛すること、それは素晴らしいことだと知っている、とロシア脱出後にrbbに語った。しかし、この自由はもろくも崩れ去り、プーチン大統領の下では存在しない。だから、彼女はプッシー・ライオットとともに、ロシアの体制に抗議し続けるだろう。

警察に監視されながらも、アリョーヒナはロシアから脱出することができた。友人の助けを借りて、ベラルーシ経由でリトアニアに渡ったのだ。彼女の話によると、彼女は食品の配達員に変装していたそうだ。

08:42 農産物の値上げ幅が過去最高

ウクライナで戦争が始まってから最初の1ヶ月で、農産物の生産者は記録的なペースで値上げを行った。連邦統計局によると、3月の平均上昇率は34.7%でした。”1961年の調査開始以来、前年の1ヵ月と比べた価格上昇率が最も高い “と発表した。”2022年2月と比較しただけでも、15.1%の価格上昇” 特に植物性食品は42.1%増と大きく伸び、動物性食品は29.5%増とやや伸び悩んだ。

過去最高の値上がりの一因は、2020年7月からすでに撃ち上がっている穀物価格です。これらは、3月に前年同月比70.2%増となりました。「穀物価格の大幅な上昇の決定的な要因は、ウクライナ戦争の結果としての供給不足である」と統計学者は説明する。”国内外での高い需要を背景に、ただでさえ緊迫した世界市場の状況を著しく悪化させました。”

08:32 ドイツ連邦軍、負傷したウクライナ人をドイツに搬送

dpa通信の情報によると、ドイツ連邦軍はポーランドからドイツに戦傷したウクライナ人を輸送するための新しい避難飛行を実施中です。ドイツ空軍の特殊航空機A310 MedEvacが朝、ケルンを飛び立った。ポーランドで負傷者を拾った後、フランクフルト・アム・マインに着陸する予定だった。ここ数週間は、より良い医療を提供するために、重傷を負った子どもや大人をドイツに運んで治療を受けるために、同機が繰り返し使用されています。A310 MedEvacは空軍の空飛ぶ集中治療室です。

07:38 ウクライナ軍、東部での激しい戦闘を報告

ウクライナの報道によると、ロシア軍は同国東部で攻撃を強化し、ドンバス地方の地形を一部で獲得している。ウクライナ参謀本部は情勢報告で、「敵は、ドネツク、ルハンスク、ケルソン地域の完全支配を確立し、一時的に占領したクリミアへの陸上回廊を維持する目的で、東部作戦地帯での攻撃活動を続けている」と述べている。それによると、ドンバスにおけるロシアの攻撃は、シージェロドネツク、リマン、バクムト、アワジフカ、クラチョフの各都市と、すでにロシア軍によって大部分が占領されているルビシュネを標的としている。

状況報告によると、マリウポルにはほとんど変化がない。そこでは、製鉄所に立てこもった守備隊が空軍の爆撃を受け続けている。ウクライナ南部からザポリジャー地域とミコライフ、クリビライ方面への砲撃が報告されている。

ソースとしての紛争当事者 ロシアとウクライナの紛争当事者の公式ソースからの戦争の経過、砲撃、死傷者に関する情報は、現状では独立して直接確認することができません。

白色シェーディング。ロシア軍の進撃 緑色の網掛けは、ロシアが支援する分離主義者の地域。クリミア:ロシアに併合された。| isw/10.05.2022

07:29 国務長官:ガスの独立には時間がかかる

ドイツがロシアのエネルギーから完全に独立するためには、長い時間がかかる可能性があるという。連邦経済省のオリバー・クリッシャー国務長官はバイエルン放送とのインタビューで、「石油と石炭についてはすでに長い道のりを歩んできたが、ガスについてはまだかなりの時間がかかるだろう、ガスへの依存度が最も高いからだ」と述べた。しかし、クリッシャー氏は、ドイツでのエネルギーボトルネックを心配していない。”供給が鋭く危うくなることはないと想定している”。

07:23分析:ラムレヒトはどれほどカチンときたか?

クリスティン・ランブレヒト連邦国防相は、ウクライナの武器供与要求への対応について長い間批判を浴びてきた。今度は、成人した息子がドイツ連邦軍のヘリコプターに乗ったというスキャンダルだ。Moritz Rödleは、なぜ大臣がこのような事態を恐れる必要がないのか、その理由を分析している。

07:06 シーメンス、ロシア制裁の影響を実感

シーメンスは、対ロシア制裁を実感している。ミュンヘンに本社を置くテクノロジー大手は、2021/22会計年度の第2四半期の利益への影響を約6億ユーロとしており、特に鉄道事業が評価損の影響を受け、損失を計上しています。

約170年の時を経て、シーメンスはロシアから撤退する。同社は、産業界の事業活動を停止する手続きを開始し、すべての産業界の事業活動を停止していました。ロシアのウクライナ侵攻を受け、すでに新規事業は停止していたという。シーメンスのローランド・ブッシュCEOは、「我々はウクライナでの戦争を非難し、秩序あるプロセスでロシアでの産業事業活動を終了することを決定した」と述べた。この間、ロシアでの売上はグループ全体の1%程度にとどまっています。

首脳会談後、共同記者会見に臨むシャルル・ミシェル欧州理事会議長、岸田文雄首相、ウルスラ・フォン・デア・ライエン欧州委員会委員長。| dpa
共同記者会見に臨むミシェルEU理事会議長、岸田首相、ライエン欧州委員会委員長。写真:dpa

06:48 EU、ロシアの対中協力に「脅威」を警告

日本で開催されたEU首脳会議において、ロシアと中国の協力関係が国際社会にもたらす負の影響について警告が発せられた。ロシアは今日、ウクライナに対する野蛮な戦争と中国との不穏な協定によって、世界秩序に対する最も直接的な脅威となっている」と、岸田文雄日本政府代表との会談後に欧州委員会のウルスラ・フォン・デア・ライエン委員長は述べた。

岸田氏は、「ロシアのウクライナ侵攻は、欧州だけの問題ではなく、アジアを含む国際秩序の中核を揺るがすものだ」と強調した。””ロシアがウクライナに侵攻したのは、欧州の問題ではなく、アジアを含む国際秩序の中核を揺るがすものだ””。これは「許されることではない」とした。日本は、これまでの他の紛争での自制とは逆に、当初から欧米のモスクワに対する激しい制裁に加わっていた。

06:39 ウクライナ:ロシアがマリウポリからの避難路をすべて封鎖

ロシア軍に包囲されたマリウポリからの避難は、ヴァディム・ボイチェンコ市長の顧問によると、現在不可能であるという。ロシア軍はすべての脱出路を封鎖したと、ペトロ・アンドリューシチェンコは述べた。町に残った町民の中には、食料の見返りにロシア占領軍に協力する者もいた。数週間の砲撃の後、住むための住宅もほとんどない、と同顧問は付け加えた。

一方、ウクライナのイリナ・ヴェレシュチュク副首相は、ロシアが包囲されたアゾフスタル製鉄所から負傷した戦闘員の避難を許可すれば、自国はロシアの捕虜を解放すると申し出たと述べた。ロシア軍は、マリウポルのウクライナ人抵抗勢力の最後の砦とされる巨大な工場を包囲した。スワップ契約の合意にはまだ至っていないが、交渉は進行中である、とベレチュク氏は述べた。製鉄所の守備隊は、ロシア軍に降伏することを拒んでいる。そうしないと拷問されたり殺されたりするのを恐れたのだ、とウクライナ人兵士は説明した。

05:44 包囲されたマリウポルのウクライナ軍司令官が、イーロン・マスクに助けを求める

包囲された港湾都市マリウポルのウクライナ軍司令官は、世界一の富豪であるイーロン・マスクに必死の訴えを行った。第36海兵旅団司令官セルヒイ・ヴォリナ氏は、ショートメッセージサービスの新しいオーナーに対し、ツイッターで「アゾフ鋼から仲介国になるのを手伝ってくれ」と書き込んだ。あなたでなければ、誰?”

05:21 ハベック:ドイツは今冬のガスボイコットを乗り切れるかもしれない

ドイツの経済大臣Robert Habeck(緑の党)は、早ければ来年の冬には、ドイツがロシアのガスボイコットを切り抜ける可能性があると見ている。年明けに貯蔵設備が満杯で、借りた浮体式LNGタンカー4隻のうち2隻がすでに送電網に接続されていて、大幅な省エネができれば、ロシアのガス供給がストップしてもある程度は冬を越せる」とハーベックは新聞『Wirtschaftswoche』に語っている。消費を減らすことがすべてであり、最終的な結論です。産業界や個人が消費量の10%を節約すれば、「非常事態に陥らないための決定的なパーセンテージになる」。みんなも参加してね。” 効率化は、プーチンに対する重要なレバーです。

05:19 ウクライナ、初の戦争犯罪裁判を発表

ウクライナは、ロシア兵の戦争犯罪裁判を初めて発表した。一方、ウクライナでは、包囲されたアゾフ・バレー工場にいる兵士に希望はほとんどないという。

ウクライナ検察庁は、ロシア兵の初の戦争犯罪裁判を発表した。声明によると、21歳のロシア人は、盗難車の窓から目撃した一般人を殺害した罪に問われています。

この兵士は4人の仲間とともに、ウクライナ北部で車列を攻撃された後、車で逃げようとしました。報告書によると、62歳の民間人はチュパヒフカ村の自宅からほど近い場所で自転車に乗っていたとのことです。ウクライナの情報筋によると、彼は武器を持っていなかったという。

検察庁によると、容疑者は別のロシア軍兵士の命令で発砲したという。ウクライナに拘束されているロシア兵は、戦争犯罪と殺人の罪で終身刑を宣告されている。検察は容疑者の不鮮明な写真を公開した。捕虜になった状況や他の4人のロシア人兵士の運命など、詳細は明らかにされていない。

ソースとしての紛争当事者 ロシアとウクライナの紛争当事者の公式ソースからの戦争の経過、砲撃、死傷者に関する情報は、現状では独立して直接確認することができません。

05:07 ウクライナ国境付近のロシア地域で、砲撃による死者が報告された

ウクライナとの国境に近いロシアのベルゴロド州では、ウクライナ軍による村への砲撃で少なくとも1人の民間人が死亡したと、地元の地方知事が発表しました。Vyacheslav Gladkov氏によると、他に6人が負傷した。ソロチ村は水曜日の夕方、ウクライナ側から爆撃を受けた。村人たちは避難した。グラドコフの証言は、独自に確認することができなかった。同様の事件は、ロシア国境地帯からも繰り返し報告されている。

04:36 ブリュッセルに向かうフィンランドの列車

フィンランド政府は本日、同国のNATO加盟計画について声明を発表する予定です。ブリュッセルの本部は、同盟は準備ができており、すでにロシアの反応に対する計画を持っていると断言している。

アレクサンダー・ゲーベル(ARDスタジオ・ブリュッセル)著

NATOのイェンス・ストルテンベルグ事務総長は、この数週間、フィンランドとスウェーデンのマントラを繰り返すことしかできず、しかも彼はそれを何度も繰り返すのが好きらしい。「フィンランドとスウェーデンは、もちろん自分たちで加盟するかどうか決めなければならない。しかし、もしそうなったとしても、NATOは両手を広げて彼らを迎え入れるだろう」と断言した。

ドイツ、フランス、英国、ポーランド、米国などの加盟国は、すでに公然と支持を表明している。ブリュッセルのNATO本部では、ヘルシンキとストックホルムからの申請に対して、最終的には30カ国の同盟国すべてが、つまりNATOの規約にあるように、満場一致でGOサインを出すと確信している。

NATOから見れば、フィンランドとスウェーデンの加盟は魅力的であろう。両国は、NATOと非NATO諸国の連合体である「平和のためのパートナーシップ」に何十年も参加しており、多くの経験を持っています。そして、欧州・大西洋パートナーシップ会議にも所属している。

04:36 クリチコは今もロシアのキエフ攻撃を恐れている

キエフ近郊からのロシア軍撤退にかかわらず、ヴィタリ・クリチコ市長は「いつでも」ウクライナの首都への新たな攻撃を恐れている。昨夜、アメリカのチャンネルCNNの取材に応じたクリチコは、戦術核兵器の使用も否定しなかった。キエフがロシア軍の主な標的であることに変わりはないという。「そして、ウクライナに戦争がある限り、我々はいかなるウクライナ人にも保証を与えることはできない」と、ボクシングの元世界チャンピオンは語った。”現状では、セキュリティが最優先です。国は “我々の戦士たち “によって守られているが、リスクは残っている、と彼は付け加えた。”そして、パートナーであるアメリカやヨーロッパ諸国がいなければ、我々は生き残れない。”

04:02 本日、国連人権理事会の特別会合が開催されました

国連人権理事会が本日ジュネーブで開催され、ロシアのウクライナに対する侵略戦争に関する特別会合が開催された。国連によると、戦争犯罪やその他の深刻な人権侵害が1日の審議の焦点になるという。50カ国以上の国から要請があり、決議で終わる見込み。国連の調査団は、ウクライナにおける民間人の標的化や捕虜の虐待などの戦争犯罪の証拠を集めています。

02:08 ソフィアで親ロシア派のデモ隊が警察と衝突

ブルガリアの首都ソフィアで、親ロシア派のデモ隊と警察との間で衝突が発生しました。夕方、警察は親ロシア民族主義政党「ヴァスラシュダン(再生)」の活動家が市庁舎でウクライナの旗を引きちぎるのを阻止した。ロシアのウクライナ侵略戦争が始まって以来、キエフとの連帯の証として、ソフィアの市庁舎に黄色と青の旗が掲げられています。Vasrazhdaneの活動家は、わずか1週間前に旗を引き下ろすことに成功したが、すぐに市役所に取り付け直された。

01:05 セレンスキー、国際保証の進展に期待

ウクライナのセレンスキー大統領は、自国に対する国際的な安全保障を確保するための取り組みに大きな進展があったと見ている。セレンスキーは今晩のビデオ演説で、「今後数十年にわたってウクライナの安全保障に自信を持てるように、世界の主要国と交渉している」と述べた。中でも、5月8日、ウクライナが初めて参加したG7会議でこの問題が議論されたという。「このような保証が記録されるのは、我が国の歴史上初めてのことだ」とセレンスキー氏は述べた。そして、覚書や不明確な表現ではなく、「具体的な保証をすること」。したがって、これらも「法的に有効なだけでなく、具体的に何が、誰が、どのように(ウクライナの)保証されているかが明確になるような形で策定されている」のである。

01:05 ヒューマン・ライツ・ウォッチ:ロシアとウクライナがクラスター弾を使用

ヒューマン・ライツ・ウォッチの報告書によると、ロシア軍はウクライナで国際的に非合法なクラスター弾を使用している。数百人の民間人が死亡し、学校、家、病院が被害を受けたと、人権団体がジュネーブで報告した。ウクライナ軍も少なくとも一度はこのような弾薬を使用したことがある。

2010年からクラスター弾の使用、貯蔵、取引、製造を禁止した国際条約がある。ただし、厳密に言えば、110の署名国だけが拘束される。ロシアとウクライナはその中に入っていない。それにもかかわらず、これらの兵器の使用は、非常に多くの国々の広範な非難によって、国際的に非合法化されたのである。

関連記事

WTiN KNF
JETIC株式会社 GIS
ImageXpert Ricoh
Konica Minolta Epson
Advertisement Area
ページ上部へ戻る