ウクライナ情勢最新情報 5月11日(水):ARD Tagesschau Live Blog


ウクライナの激戦地ハリキウからプラハの友人宅に避難してきた女性を支援する活動を行っています。ご一読の上、カンパに参加頂ければ有難いです。
セブン銀行 パンジー支店(店番号 103)口座番号:3491537
口座名義:オオノアキヨシ 現在までの累計 1,011,000円
4月 10日時点での実績報告


ドイツの公共放送 ARDニュースサイト Tagesschau.deに掲載されたウクライナ関連情報をアップし、随時更新します。日本の報道ではイマイチ隔靴掻痒感が否めませんが、紛争当事者ではないにしても、欧州の近隣国の利害に直接絡むドイツからの情報は緊迫感があり貴重なものです。自分で読むために DeepL翻訳していますが、折角なのでここにアップします。本文・画像共にソースは Tagesschau.deです。
時系列的には一番上が新しいニュースです。

———————–(時系列)———————–

11.5.2022 – 23:23 ロシア軍、ウクライナの拠点に避難を呼びかけ

ロシア軍の指導者は、自国の攻撃を容易にするために、国際機関に対してウクライナ東部の地域から避難するよう要請したようだ。ロシア国防省のミハイル・ミジンツェフ大佐は、「クラマトルスクとスロビヤンスクのほとんどの市民が破滅的な人道的状況にあることを考慮し、我々は世界社会、国連、OSCE、赤十字国際委員会に、ウクライナ軍支配下のこれらの町から市民を迅速かつ安全に避難させるためのあらゆる手段を直ちに開始するよう要請した」とインタファクス通信に引用している。声明によると、ウクライナ軍はこれらの場所に陣取り、自国の民間人を生きた盾として虐待していたという。

ソースとしての紛争当事者 ロシアとウクライナの紛争当事者の公式ソースからの戦争の経過、砲撃、死傷者に関する情報は、現状では独立して直接確認することができません。

11.5.2022 – 23:01 Selenskyj: 戦争の終結は、すべての領土を取り戻した後です

ウクライナ大統領Volodymyr Selenskyjは、ロシアとの戦争の終結は、占領されたすべてのウクライナ領土を取り戻した後でなければ不可能であると考えています。国家元首は、フランスの学生とのインタビューで、「私たちのものをすべて取り戻せば、戦争を終わらせることができる」と述べた。”私たちは州の平和を望んでいます”

11.5.20 – 22:20 ウクライナ、初の戦争犯罪裁判を発表

ウクライナ検察庁は、ロシア人捕虜を初めて戦争犯罪で裁く予定。検事総長のイリナ・ヴェネディクトワは、2月の戦争開始直後に62歳のサイクリストを殺害した21歳の被告を告発している、と述べた。彼は装甲部隊の一員で、チュパヒフカ村の車の窓から非武装の市民に発砲しました。最高で15年の懲役刑に処せられる。

ウェネディクトワ氏は、戦争犯罪の初公判がいつ始まるかは明言しなかった。彼女の事務所によると、ロシア軍による戦争犯罪の疑いがある10,700件以上を調査しており、これまでに600人以上の容疑者を特定したという。4月上旬にロシア軍が首都キエフ周辺から撤退した後、多くの事例が明るみに出た。ブッチャなどの町の住民からは、殺人、放火、レイプ、拷問、身体切除などの被害が報告された。また、さまざまな集団墓地が発見された。

11.5.2022 – 22:17 ロシア:ウクライナの攻撃で1人死亡

ロシアの情報筋によると、ロシア南西部でウクライナの攻撃により1名が死亡した。ベルゴロド州のヴャチェスラフ・グラドコフ知事は、メッセンジャーサービス「テレグラム」で、救急車の中で男性1人が死亡し、他に3人が負傷したと発表した。これは、戦争が始まって以来、彼の地域では「最も困難な状況」であるとグラドコフは言った。ウクライナはSolochi村を襲い、家屋の一部を破壊した。ウクライナとの国境地帯にあるロシア当局は、ウクライナ軍がロシア領を攻撃していると定期的に非難している。キエフの指導者はこれを繰り返し否定している。

ソースとしての紛争当事者 ロシアとウクライナの紛争当事者の公式ソースからの戦争の経過、砲撃、死傷者に関する情報は、現状では独立して直接確認することができません。

11.5.2022 – 21:54 ブルガリアの親ロシア派デモ隊が新たな選挙を要求

ブルガリアでは、親ロシア派のデモ隊がキリル・ペトコフ首相の政権辞任を要求しています。ペトコフはブルガリアをウクライナにおける米国の対ロシア戦争に引きずり込もうとしている」と、ソフィアの国会前でヴァスラジダネ党の支持者数百人が叫んだ。政府はブルガリアの経済問題よりもウクライナを気にしているとのことでした。

主催者側は、ブルガリアがどちらかの側に立って戦争を助長するのではなく、紛争の調停を行うよう要求しました。また、自分たちの政党が国の国益のために統治できるように、新しい選挙を要求した。その後、デモ隊が町役場でウクライナの国旗を引き剥がそうとしたため、警察と衝突した。

11.5.2022 – 20:40 親ロシア派によるイタリア国内の施設へのサイバー攻撃

親ロシア派グループ「Killnet」が、イタリアの複数の政府機関のウェブサイトを攻撃したとメディアが報じています。国防省とローマ元老院のホームページが閲覧できない状態であった。

新聞「コリエレ・デラ・セラ」は、キルネットが犯行を主張したと報じた。しかし、大きな被害はありませんでした。同紙によると、保健当局のISSなど、他の機関や企業も影響を受けたという。

通信社AGIによると、ウクライナ戦争のためにロシアが今年から除外されたユーロビジョン・ソング・コンテスト(ESC)のウェブサイトも攻撃されたが、効果はなかったという。

11.5.2022 – 20:33 ロシア、米国のゲッペルス式プロパガンダを非難

ロシアの対外情報局(BWR)のトップが、米国務省がナチス的なプロパガンダを流していると非難した。セルゲイ・ナリシキン氏は、同機関のウェブサイトで、米国はロシアの政治・軍事指導者の信用を落とし、人間性を失わせるために、メッセンジャーサービス「テレグラム」での偽情報の拡散を促進していると述べている。

“彼らの行動は、第三帝国の(帝国)大衆啓蒙宣伝省とそのトップであるヨーゼフ・ゲッペルスの伝統と多くの共通点がある”。ナリシキンは何の根拠も示していない。

米国国務省の担当者は、この非難を「信じられないほど皮肉なこと」と言い、ロシアが偽情報とプロパガンダを広めていると非難しています。

11.5.2022 – 20:22 Selenskyjは、制裁強化についてScholzと話す

ウクライナのセレンスキー大統領は、ドイツのオラフ・ショルツ首相と会談し、防衛支援、エネルギー分野での協力、対ロシア制裁の強化について協議したと発表している。”ドイツとの高いレベルの対話と、我々の闘いへの支援に感謝する “とツイートしている。

ドイツ政府のシュテフェン・ヘベストライト報道官によると、首相は、ロシアにはウクライナでの戦闘を直ちに終わらせ、ウクライナから軍を撤退させ、ウクライナの領土と主権を回復することが引き続き求められていると強調したという。

連邦首相とウクライナ大統領は、今後も緊密に連絡を取り合うことに合意しました。

11.5.2022 – 20:06 ロシア、ガスプロム・ゲルマニアに制裁を発動

ロシア、連邦ネットワーク庁の管財下にあるガス会社ガスプロム・ゲルーマニアの一部に対する制裁を発表。ロシア政府のホームページでの発表では、この措置の詳細については触れられていない。

合計31社が掲載されています。その中には、ヤマル-ヨーロッパ天然ガスパイプラインのポーランド区間の所有者であるEuRoPol GAZ PAも含まれています。ロシアのエネルギー大手ガスプロムが、ガスプロム・ゲルーマニアから撤退した。連邦経済省は、ネットワーク機関を9月末までの管財人に任命した。

19:32 フィンランド大統領:NATO加盟の可能性は「誰に対しても向けられるものではない」

フィンランドのNATO加盟の可能性は、Sauli Niinistö大統領によると、「誰に対しても」向けられるものだという。「フィンランドが安全保障を強化するとしても、それは他国の犠牲の上に成り立つものではない」とニーニスト氏は述べた。英国のボリス・ジョンソン首相が訪問した際、両首脳は、両国の相互軍事援助宣言に署名しました。

フィンランドは何十年もの間、軍事的に中立を保ってきました。しかし、隣国ロシアのウクライナ侵攻以来、世論は大きく変化しています。月曜日に発表された世論調査によると、フィンランド人の76%がNATO加盟に賛成している。隣国のスウェーデンでも、NATO加盟の決定が間近に迫っている。ロシアは、ヘルシンキが西側軍事同盟への加盟を申請した場合、フィンランドに「結果」をもたらすと警告していた。

19:07 チェコ、103人のウクライナ戦争への参加を認める

チェコ共和国は、約100人の国民にウクライナ戦争への参加を許可した。ミロシュ・ゼマン大統領は、報道官によると、103人の志願兵のウクライナ軍への参加を認める決定書に署名しました。

ゼマンはかつて、ロシアのプーチン大統領の盟友であった。しかし、ロシア軍がウクライナに侵攻した後、モスクワで国家元首を「狂人」と呼んだ。セレンスキー大統領の呼びかけに応じ、ポーランド、ベラルーシ、カナダ、アメリカ、イギリスなどから、すでにウクライナ軍に志願者が参加していた。

実はチェコの法律では、チェコ人が海外の戦争任務に参加することを禁じている。しかし、ゼマンとチェコのペトル・フィアラ首相は3月、ウクライナ軍と戦争するチェコ人を罰しないことを決めていた。

18:55 国連人権理事会:ウクライナ戦争に関する特別会合

国連人権理事会は、キエフの要請により、木曜日にウクライナの人権状況に関する特別会合を開催する予定です。他の50カ国以上が支持する要請書によると、このセッションは「ウクライナの人権状況の悪化について検討する」ものです。

ウクライナ政府は、ブッチャを含むロシア軍による大規模な人権侵害と戦争犯罪を非難しています。国連総会は、ウクライナ戦争を理由に、4月にロシアの国連人権理事会加盟を停止した。

18:55 国連人権理事会:ウクライナ戦争に関する特別会合

国連人権理事会は、キエフの要請により、木曜日にウクライナの人権状況に関する特別会合を開催する予定です。他の50カ国以上が支持する要請書によると、このセッションは「ウクライナの人権状況の悪化について検討する」ものです。

ウクライナ政府は、ブッチャを含むロシア軍による大規模な人権侵害と戦争犯罪を非難しています。国連総会は4月、ウクライナ戦争をめぐり、ロシアの国連人権理事会加盟を停止していた。

18:09 ウクライナ:マリウポルの解放は多くの死者を出すことになる

ウクライナ軍の指導者は、マリウポリ製鉄所に捕らえられた武装勢力を解放するための攻勢を用いるという希望を打ち消した。「ウクライナ軍はマリウポリから150〜200キロ離れているため、今日の時点で、このようなデブロッキング作戦には相当数の部隊が必要だ」と、オレクシー・フロモフ参謀本部副本部長は述べている。しかも、その間にロシア軍は強力な防御を構築していたため、この作戦では多くの犠牲者を出すことになる。

18:09 フィンランド、NATO加盟の意向を示す

フィンランドのサナ・マイン首相は、これまで中立国であった同国をNATOに加盟させたい意向を示した。「フィンランドがこの歴史的な一歩を踏み出すとすれば、それは自国民の安全のためである」と、岸田文雄首相との会談後に東京で記者会見して述べた。”NATOへの加盟は、共通の価値観を掲げる国際社会全体の強化につながる”

ロシアのウクライナ侵略戦争を前に、中立国である北欧のスウェーデンとフィンランドは、欧米同盟への加盟を決断する日が近づいている。ロシアのウクライナに対するひどい侵略とその結果」について岸田と話したとマリンは述べた。

16:36 Scholz: 爆発物による戦争の影響は「あと100年」

ドイツのオラフ・ショルツ首相によると、ウクライナは、いたるところに残る爆発物のために、「100年」戦争の結果に対処しなければならないそうだ。

「ドイツに住んでいる人なら誰でも知っている。第二次世界大戦中にここに落ちた爆弾は、今も発見されている」と、ベルリンでアルゼンチンのアルベルト・アンヘル・フェルナンデス大統領と会談した後、首相は述べた。「そのため、復興に向けても協力していく」とショルツは語った。

16:28 ウクライナ、ガス輸送量を削減

ロシア軍の侵攻から2カ月半、ウクライナは戦争の影響でロシア産ガスの欧州への供給量を減らしている。水曜日の朝から、特に激戦区であるウクライナ東部のルハンスク州を経由して西へ流れるロシアのガスはなくなった、とウクライナとロシアの関係者は口を揃えて言っている。

しかし、当局によると、今のところドイツの供給量に大きな影響は出ていない。”ドイツ国内のガス供給は安定しています。連邦ネットワーク庁は日報で、「供給の安全性は引き続き保証されている」と報告した。

16:21 EU:2026年までのガス備蓄義務化法

EU諸国は、来冬のエネルギー供給を確保するためにEUで計画されているガス備蓄義務化法を支持する。しかし、各国の代表は、交渉の委任状の中で、この義務を2026年に終了させることを規定した。

この法律では、今年11月1日までにガスの埋蔵量を80%、今後数年間は同じ期限までに90%満タンにすることが規定されている。国会もすでにその立場を決めていたので、冬に間に合うように発効させるための交渉を開始することができます。

16:03 スロバキアとポーランド、ウクライナのEU加盟候補国入りを要求

スロバキアとポーランドは、ウクライナができるだけ早くEUの候補者になるよう働きかけたいと考えています。これは、スロバキアのズザナ・カプトヴァ大統領とポーランドのアンドレイ・ドゥダ大統領がブラチスラバで宣言したものである。

両者は、ウクライナのEU加盟候補国としての地位に懐疑的なEU諸国のカウンターパートを共同で訪問することを発表した。「ウクライナの将来の地位について話し合うことは、将来にとっても、ヨーロッパにとっても、ヨーロッパの平和にとっても重要だ」とカプートワは述べた。

15:48 ペンキ攻撃後:ロシアがポーランドの大使を召還

ワルシャワのロシア大使がペンキで襲撃された事件を受けて、ロシア外務省はモスクワのポーランド大使館長を召還しました。PAP通信によると、5月9日にワルシャワの霊廟墓地で起きた事件に対する口頭での抗議を聞いたと、クシシュトフ・クラジェフスキ大使が述べたという。

デモ隊は月曜日、ワルシャワでロシアのセルゲイ・アンドレーエフ大使に赤いペンキをかけ、「戦勝記念日」にソ連兵の墓地に花を供えるのを妨害した。

15:41 イギリス プーチンとの関係を正常化することはできない

英国のボリス・ジョンソン首相とスウェーデン首相は、ウクライナ侵攻後、ロシアのプーチン大統領との関係が正常化することはあり得ないと述べている。

ジョンソンは、スウェーデンのマグダレナ・アンデルソン首相と会談し、欧州の安全保障などについて話し合った。ジョンソン報道官は会談後、「両首脳は、プーチンの凶悪なウクライナ侵略の余波で、国際的な安全保障構造が根本的に変化したことで合意した」と述べた。”プーチンとの関係は決して正常化できない “と強調した。

15:38 プラハの主要鉄道駅での事態が深刻化

ウクライナからの難民の流入が続いているため、プラハの主要鉄道駅では事態が深刻化している。チェコのヴィット・ラクサン内務大臣は、代替シェルターを設置することを発表した。

“廊下で寝かせることはしない “と、保守派の政治家はツイッターに書き込んだ。消防隊は、宿泊可能なキャパシティがすべてなくなったため、トロイ地区で約150人分のテントキャンプを設置するよう指示されました。非政府組織も参加することになっている。

ロシアの侵攻が始まって以来、ウクライナから33万7千人以上がチェコに避難し、滞在許可証を受け取っています。政府は現在、保護を求める人々に対するより厳しい規制を発表しています。例えば、ウクライナとハンガリーの市民権を持つ人は、社会保障を受けられなくなる。

15:01報告:ロシアが盗んだ穀物をシリアに運んだらしい

AP通信の調べによると、ウクライナで盗まれた疑いのある穀物を積んだロシア船がシリアに到着したそうです。それによると、APが火曜日にPlanet Labs PBC社から分析した衛星画像には、地中海沿岸の都市ラタキアの港にいるロシア船籍の「Matros Pozynich」が写っていたそうです。

オンライン企業TankerTrackers.comの共同設立者であるSamir Madani氏は、ラタキアに停泊していた船は、その寸法と最後に知られていた位置から「Matros Pozynich」だと彼も考えていると述べた。この船は、約1週間前に地中海のキプロス島沖でトランスポンダーのスイッチを切っている。

Planet Labs PBCによる衛星画像は、シリアのラタキア港に停泊中のロシア籍船「Matros Pozynich」(中央)を示していると思われる|dpa

この船の登録所有者であるロシアのCrane Marine Contractor LLCは、コメントを求めたがすぐに返答はなかった。ウクライナ側は、この船はロシアが盗んだ27,000トンの穀物を積んでいると発表した。ロシアは当初、この穀物をエジプトに輸送しようとしたが、エジプトはこの貨物の受け取りを拒否していた。ウクライナの外交官は、世界各国に対して穀物を受け取らないよう求めていた。

14:41 スウェーデンとイギリスが相互援助協定に調印

スウェーデンと英国は、攻撃された場合に相手国からの援助を保証する軍事相互援助協定を締結しています。英国のジョンソン首相は、スウェーデンで協定に署名した後、マグダレナ・アンデルソン首相と共同記者会見し、「スウェーデンが攻撃され、我々に支援を要請すれば、我々はそれを提供するだろう」と述べた。

相互支援協定に署名するボリス・ジョンソン英首相と同僚のマグダレナ・アンデルソン氏(スウェーデン)|via REUTERS

Johnson氏とAndersson氏は、スウェーデン政府がNATO加盟の可能性について大きな期待を寄せている数日前に、協定に署名した。アンデルソンの与党社会民主党は、フィンランド政府が軍事同盟に参加する可能性についての見解を発表すると予想される翌日の日曜日に、このような動きについての見解を発表する予定である。

13:58 ウクライナ:全雇用のほぼ3分の1が破壊される

国連の計算によると、ロシアの侵略戦争が始まって以来、ウクライナの全雇用のほぼ3分の1が破壊されたという。国際労働機関(ILO)はジュネーブで、480万人の雇用が失われたと発表した。その理由は、国内の「経済的な激変」、「転出」、「難民の流入」です。軍事的なエスカレーションが起きれば、その展開は激化する。その結果、最大で700万人の雇用が失われることになり、それは43.5%に相当する。

ILOの推計によると、約275万人の難民が労働年齢に達しており、避難先の国で仕事を探すことができるという。それによると、その3分の2は高い能力を持った人たちです。 特にポーランドは、難民を労働市場に統合するという課題に直面している、とILOはさらに説明する。ウクライナからは320万人以上が隣国に避難している。

13:56 財務省:3億7390万ユーロの差し押さえ

財務省によると、欧米の対ロシア制裁の一環として、ドイツ当局はこれまでに3億7390万ユーロにのぼる金融資産を差し押さえたという。これが4月29日の状態である、と防衛省の広報担当者は言う。

13:12 グテーレス:和平交渉は予見できない

アントニオ・グテーレス国連事務総長は、ロシアとウクライナの和平交渉は当面行われないと見ている。グテーレス大統領はウィーンで、オーストリアのアレクサンダー・ファンデルベレン大統領と共同記者会見し、「この戦争でさえ永遠に続くことはなく、和平交渉が行われる時が来るだろう」と述べた。”しかし、当面は無理だろう “と付け加えた。

彼は、外交努力は現在、避難と人道的回廊を通じた民間人への援助提供のための条件改善に集中していると述べた。グテーレス氏によると、国連(UN)は、ウクライナの食糧生産とロシアの肥料生産が再び世界市場で入手できるようにするためにも尽力しているとのことです。

12:50 分離主義者:アゾフの工場にこれ以上民間人はいらない

ドネツク州の親ロシア派分離主義者は、マリウポルにある包囲されたアゾフスタル工場に民間人は残っていないと考えているとのこと。タス通信によると、自称ドネツク人民共和国のデニス・プシリン指導者は、「したがって、我々の部隊の手はもはや縛られていない」と述べた。プシュイリン軍は港湾都市への攻撃に関与している。

ソースとしての紛争当事者 ロシアとウクライナの紛争当事者の公式ソースからの戦争の経過、砲撃、死傷者に関する情報は、現状では独立して直接確認することができません。

マリウポリ市は火曜日、今回の避難の後も少なくとも100人の市民が製鉄所にいると発表した。しかし、それはロシア占領軍による工場への攻撃を軽減するものではない。市長の補佐官であるペトロ・アンドルジュシチェンコはテレグラムにこう書いた。ウクライナ人戦闘員は、巨大な工場の敷地に陣取っていたという。

12:45 ロンドン:スネークアイランドの攻撃は効果を発揮する

英国の評価では、黒海のスネーク島にいるロシア軍に対するウクライナ軍の攻撃は、モスクワの計画を混乱させているという。ロンドンの国防省は、ツイッターに掲載した情勢判断で、ロシアが島の守備隊を強化しようとしていると述べた。ウクライナはドローンを使ってロシアの防空施設や補給船を攻撃することに成功したと同省は発表した。

ロシア海軍がミサイル巡洋艦「モスクワ」の沈没を受けてクリミアに撤退した後、黒海西部で物資を積んだロシア船が最小限の保護を受けている。しかし、英国省は、ロシアが沿岸防衛のための戦略的対空ミサイルと巡航ミサイルで島の地位を固めれば、黒海北西部を支配することができると警告している。

12:42報告:ケルソンの親ロシア派当局が併合を望む

メディアによると、占領下のケルソンの親ロシア派当局は、ウクライナ南部のロシアへの併合を求めたいと考えているとのこと。これは、ロシアの通信社タス通信が、ケルソン行政の関係者の話を引用して報じたものである。

ロシアは4月にケルソン地方を完全に支配していると宣言していた。2014年に併合されたクリミア半島と、ウクライナ東部のドンバスにあるロシアが支援する分離主義地域を結ぶ陸路であり、戦略的に重要である。

12:17 住民投票:南オセチアはモスクワからのシグナルを待っている

ウクライナ戦争のさなか、ロシアのもう一つの隣国での紛争が再びクローズアップされている。グルジアでは、南オセチア自治州の新大統領がロシアへの加盟を問う住民投票を検討しているが、その前にモスクワからのシグナルを待ちたいとしている。このような国民投票が行われる前に、ロシアは乗り気でなければならないと、週末の選挙で当選したアラン・グラゴエフ氏はロシアの通信社タスに対して語った。

2008年のグルジアとの短期戦争の後、ロシアは南オセチアと沿岸部のアブハジアを独立国として承認していた。モスクワの指導者は、こうしてウクライナとの取引に先鞭をつけたのである。南オセチアの住民投票は、2014年に国際的に承認されていない住民投票の後、ウクライナで行われたパターンを踏襲する可能性がある。

12:15 ハンガリー、EUの石油禁輸措置の適用除外を要請

ハンガリーは、ロシアの石油輸入に対するEUの制裁計画から自国を包括的に免除するよう求めている。「ハンガリー政府は、我々に影響がなければ石油禁輸を支持する」と、ピーター・シジヤルト外務大臣はFacebookに投稿したビデオで述べた。例えば、ロシアからパイプラインで送られてくる石油をすべて免除するのであれば、制裁案はハンガリーにとって容認できるものであると、彼は付け加えた。

現在1週間続いている交渉では、EU諸国はロシアに対する石油禁輸措置についてまだ合意に至っていない。EU委員会は、ウクライナ戦争を理由に、ロシア産原油の輸入を6カ月で打ち切ることを提案している。妥協案として、欧州委員会は、ハンガリーとスロバキアには2024年末まで、チェコには2024年半ばまで石油の輸入禁止を完全に実施することを提案している。

11:40 Pussy Riotのメンバーが密かにロシアを離れた

プッシー・ライオットの活動家マリア・アリョーヒナは、ロシア国内の警察の監視をかいくぐり、密かに海外に渡航していました。彼女は配膳サービスの従業員に変装し、モスクワのアパートに携帯電話を置き忘れたと、33歳の彼女は米紙「ニューヨーク・タイムズ」のインタビューで語っている。ベラルーシとの国境を越え、その1週間後、何度も挑戦して、EUの国リトアニアに入国することができたのだ。

この活動家は、クレムリンに批判的な抗議団体「プッシー・ライオット」の最も有名なメンバーの一人である。9月には、投獄された政府批判者アレクセイ・ナワルニー氏のためのデモに参加したとして、1年の禁固刑を言い渡された。裁判所は監視を命じ、アリョーヒナには夜間外出禁止令を出し、モスクワからの外出も禁止した。4月下旬に禁固刑に減刑された。

11:38 ロシア、ウクライナでの米国の代理戦争を非難

ロシアは、米国がウクライナで代理戦争を行っていると非難している。メドベージェフ前大統領は、米国下院で可決された400億ドルのウクライナ支援策を正当化する理由として指摘している。メドベージェフはテレグラムで、このパッケージはロシアの経済発展と世界における政治的影響力を低下させることを目的としていると書いている。しかし、これではうまくいきません。むしろ、そのような措置は米国のインフレを助長することになると述べた。

11:28 am ウクライナ兵の自走榴弾砲の訓練が始まる

ドイツでウクライナ兵の自走榴弾砲2000の訓練が始まる。 連邦国防省報道官によると、兵士はラインラント・プファルツ州のイダー・オーバーシュタインの連邦軍大砲学校に到着した。訓練は通常40日間だが、必要な予備知識があれば短縮することも可能だ。ドイツはウクライナに自走式榴弾砲7基を2000年に納入することを希望している。オランダは重火器5門を提供する。研修は、オランダとの合意のもと、ドイツで行われます。

11:04 a.m. ウクライナ:武器納入のためらいがプーチンを有利にした

ウクライナのドミトリー・クレバ外相によると、約2カ月半前にロシアの侵略戦争が始まって以来、欧米が武器供与をためらったために多くのウクライナ人が犠牲になっているという。「もし、我々が受け取らなければならないすべての兵器について、最初から相談を受けていたならば、我々はすでにすべての兵器を受け取っていただろう」と、41歳の彼はPoliticoが掲載したインタビューの中で語っている。

そのころには、すでに自軍の兵士は新しいシステムの訓練を受けているだろうし、前線の状況も良くなっているはずだ」とクレバ氏は言うのである。”ここで我々は全ての時間を失い、(ロシア大統領ウラジーミル)プーチンに持ってはならない優位性を与えてしまった” クレバ氏から見ると、特に戦争当初に占領したままのウクライナ北部地域からロシア軍が撤退した後、欧米と武器供給の関係が変わったという。”サクセスストーリー “が好きな人 そして、誰もが予想するよりもずっと長く生き延びたからこそ、私たちはサクセスストーリーを持つことができたのです」と詳しく説明した。

10:57 ロシア側より、ウクライナの弾薬庫の破壊について報告があった

ロシア軍によると、ウクライナの弾薬庫と司令部をそれぞれ一晩で10数か所破壊したという。国防省のイーゴリ・コナシェンコフ報道官は、「ロケット部隊と砲兵部隊が、部隊と軍備の集積地である407カ所を砲撃し、13の指揮所、オッサAKMミサイルランチャーの4つの位置、14の弾薬庫を破壊した」と述べた。

さらに、陸軍のパイロットと戦術空軍によって、2つの司令部と3つの弾薬庫が破壊された。ロシアの空爆と砲撃により、夜間にウクライナ兵280人が死亡、軍用車両60台近くが使用不能になった。この数値は独自に検証することはできません。

ソースとしての紛争当事者 ロシアとウクライナの紛争当事者の公式ソースからの戦争の経過、砲撃、死傷者に関する情報は、現状では独立して直接確認することができません。

10:35 am ハンガリー、対ロシア石油禁輸は引き続き容認できないとの見解

ハンガリーは、EU委員会が提案した対ロシア石油禁輸措置はまだ受け入れられないと考えている。欧州連合がロシアの石油の輸入を止めれば、ハンガリー経済は壊滅的な打撃を受けるだろうと、ペーテル・シヤルト外相は述べた。さらに、EU委員会はこの問題に対して何の解決策も提示していないと付け加えた。Facebookのビデオ投稿では、パイプライン経由の輸入が禁輸の対象から外れた場合のみ有効であると断言している。

10:21 最有力候補のウクライナがESC決勝に進出

ユーロビジョン・ソング・コンテスト(ESC)で、優勝候補のウクライナが第一関門を突破した。Kalush Orchestraは昨夜、イタリアのトリノで開催されたESCの準決勝第1試合に出場し、土曜日の決勝戦に出場する10カ国のうちの1つに選ばれました。

10:17 ガスプロム、ウクライナ経由のガス輸送量の減少を確認

ロシアのエネルギー大手ガスプロムは、ウクライナ経由で欧州に送られるガスが減少していることを確認した。インターファックス通信によると、「ガスプロムは5月11日にウクライナ領土を通過するために7200万立方メートルのロシアのガスを供給する」と同社のスポークスマン、セルゲイ・クプリヤノフが述べた。前日の受注量は9580万立方メートルだった。

09:58 ロンドン:ウクライナの無人機が黒海で攻撃

英国情報機関によると、黒海におけるウクライナの無人機攻撃は、今のところロシア軍の支配を防いでいるとのことです。ロシアは、港湾都市オデッサに近い戦略的に重要なスネーク島で、繰り返し戦力を強化しようとしていると、国防省が英国情報機関を引用して報じた。しかし、ロシアの補給艦は、誘導ミサイル巡洋艦「モスクワ」が沈没し、海軍がクリミア半島に撤退して以来、ほとんど保護されなくなった。

「ロシアが現在行っている蛇島での軍備強化は、ウクライナにロシア軍への攻撃や物資の破壊の機会を与えるものである」と同省は述べている。ウクライナは、戦闘用無人機Bayraktarの配備に成功したという。

しかし、ロシアが戦略的防空や沿岸防衛のための巡航ミサイルでその地位を固めることに成功すれば、状況は一変する可能性がある。

08:58 経済産業省:ガスの供給が確保された

連邦経済省によると、ウクライナを経由するロシアのガスの輸送が制限されても、ドイツは現在ボトルネックの脅威にさらされることはない。「ドイツ国内の供給の安全性は現在も保証されている」と広報担当者はベルリンのdpa通信社に語った。

今日の時点で、ウクライナは戦争のため、同国東部のルハンスク地方でのロシアのガスの通過を止めたいと考えていた。これは、ウクライナ経由でヨーロッパに輸送できる1日の最大量のほぼ3分の1に相当する。ウクライナのガスネットワーク運営会社は、このような事態が発生すると、1日あたり最大3260万立方メートルのガスが失われると発表していた。連邦経済省の広報担当者は、「我々は状況を注視している」と述べた。

08:39 報道:米国、クレタ島に戦闘機24機を派遣

アメリカは地中海東部での存在感を強めている。7月末までに、米空軍のF-35ステルス戦闘機10機とF-15戦闘爆撃機14機が、約500人のパイロットと技術者と共にクレタ島西部の基地に移送される予定である。アテネの新聞「カティメリーニ」が、アテネの国防省の関係者の話として報じたもの。

この配備は、ギリシャと米国の軍事協力に関する新しい協定に基づいており、明日、アテネの議会で批准されるはずである。ソウダ湾からは、アメリカ空軍が地中海の東半分と黒海で活動することができます。

08:07 ロシアのガス輸送の予約がゼロに

ロシアのガスがウクライナを経由し、重要なソクラニフカ・ルートを通ってヨーロッパに送られる予約はゼロになった。これは、ウクライナのガスパイプライン事業者のデータによるものです。

ウクライナは昨日、戦争のためにこのルートでの配送を停止すると警告していた。ウクライナの送電網運営会社GTSOUは、「占領軍による技術プロセスへの干渉」のため、東部ルハンスク州のノボプスコフ・コンプレッサー・ステーションを稼働できなくなったと発表した。

そのため、関連するソクラニフカ・ルート経由のガスの流れは止まり、代わりにスジャ・ハブを経由することになるという。データによると、同地域の予約処理量は7200万立方メートル弱であった。これに対し、ロシアの天然ガス会社ガスプロム社は、そのような切り替えは技術的に不可能だとしている。

07:14 スネークアイランド周辺での戦闘が続く

英国国防省によると、黒海のスネーク島をめぐるウクライナ軍とロシア軍の戦闘は続いています。ロシアは繰り返し島の軍隊を強化しようとしている。ロシアが戦略的防空網と沿岸防衛巡航ミサイルで島の位置を固めれば、黒海北西部を支配できる、と英国国防省は状況報告でつぶやいている。

06:47 ドンバスで前進を続けるロシア

ウクライナ人が北東部で失われた領土を取り戻す一方で、ロシア人は南東約150キロのドンバスで少しずつ前進している。ウクライナ南部司令部は、ロシア軍による民家、農業施設、電力供給への「無慈悲な」攻撃を報告した。一方、ほぼ壊滅状態にある港町マリウポルのペトロ・アンドリュシチェンコ副市長は、アゾフ製鉄所にいる最後のウクライナ軍が「数十件」の攻撃に直面し続けていると報告した。

ウクライナ軍によると それによると、「再びミサイル攻撃を受けたドニエステル橋の廃止により、この地域が封鎖される恐れがある」。

アメリカの情報機関は、ロシアがドンバスやクリミア半島付近の占領地から、モルドバ共和国東部の親ロシア派分離主義地域トランスニストリアへの陸路を作りたいのだと考えている。

04:35 米下院、ウクライナへの10億ドル規模の支援策を可決

ワシントンの下院は、ジョー・バイデン米国大統領が要請したウクライナへの支援策を数十億ドル増額し、賛成多数で可決しました。下院では、バイデン派の民主党と野党の共和党の両議員368人が今晩(現地時間)、法案に賛成票を投じた。反対票は57票で、共和党から出た。このパッケージは、ほぼ400億ドル(380億ユーロ)に相当します。ウクライナが自国だけでなく、世界の民主主義を守るために重要な役割を果たす」と、ナンシー・ペロシ下院議長が同僚に宛てた書簡には書かれている。

03:43 Selenskyjがハリコフでのウクライナ軍の活躍を報告

ウクライナ大統領ヴォロディミル・セレンスキーは、ロシアの攻撃軍に対する武装勢力の防御に成功したと報告した。セレンスキー氏は昨夜、ウクライナ軍はロシア軍を北東部のハリコフから徐々に追い出している、と述べた。ウクライナ軍参謀本部によると、同軍はハリコフ北東部の4つの地域からロシア兵を追い出したという。目的は、ロシア国境まで押し戻すことだという。火曜日、ウクライナ側は、南部の重要な港であるオデッサへのロシアのミサイル攻撃を報告しました。その背景には、ウクライナ軍の補給線と武器の配送を断つという戦略があるようだ。

03:08 Zaporizhzhyaの砲撃で数名の死傷者が出た

ウクライナ南東部の都市Zaporizhzhya近郊で今晩、ロシアの新たな攻撃により、少なくとも1人が死亡、8人が負傷しました。ウクラジンスカ・プラウダ」によると、オレチョボでは主に住宅が被害を受けたという。砲撃の激しさにより、同町への人道支援物資の輸送は一時的に中断された。この情報は、独自に検証することができませんでした。

ソースとしての紛争当事者 ロシアとウクライナの紛争当事者の公式ソースからの戦争の経過、砲撃、死傷者に関する情報は、現状では独立して直接確認することができません。

02:29 ドラギ総裁、停戦と交渉を呼びかけ

イタリアのマリオ・ドラギ首相は、ホワイトハウスを訪問した際に、ウクライナ戦争を終わらせるための実行可能な交渉の新たな試みを呼びかけました。ドラギ総裁は、大統領府でバイデン米大統領と会談した際、各国首脳は停戦に向けて努力するべきだ、と述べた。”イタリアやヨーロッパでは、人々はこのような虐殺や暴力、殺戮に終止符を打つことを望んでいます。” バイデン氏は、米国がイタリアと緊密な関係にあり、ロシアの侵略戦争への対処に協力していることを強調したが、紛争解決のための交渉に望むドラギの意見には賛同しなかった。これは、最近、モスクワとキエフの間で早期に協議が再開される見通しに懐疑的な見方を示した米国情報当局の評価と関連すると観測された。

02:09 クレッチマーはロシアの石油に対する禁輸措置を批判している

ザクセン州のミヒャエル・クレッチマー首相は、ロシアの石油の輸入禁止に批判的である。また、EUが計画している第6次対ロ制裁措置に言及し、「今こそ、よく見るべき時だとも思う」と述べた。本当に誰を傷つけているのか?石炭、石油、ガスには世界的な需要があるのだという。もしヨーロッパ諸国がロシア以外の場所でエネルギーを買えば、そこで不足が生じ、その穴埋めはロシアの供給源になる可能性が高いとCDUの政治家は述べた。石油の禁輸を含む第6次制裁措置に関する交渉は、現在ブロックされている。ハンガリーや他のEU諸国は、計画されている輸入禁止措置の大幅な適用除外を要求している。

01:05 Selenskyj:モスクワはウクライナ兵をマリウポリから出させないだろう

マリウポリ製鉄所に陣取るウクライナ兵は、ロシア側の包囲者によると、現場から離れることは許されないという。Ukrajinska Pravda』によると、ロシア軍は、戦闘機が支障なくアゾフスタル工場から退去することを認めるいかなる提案も拒否したと、Volodymyr Selenskyj大統領が述べたという。”マリウポルの防衛隊はそこに留まり” “アゾフスタルの地で抵抗を続けています” キエフは、兵士の救出を可能にするため、あらゆる外交手段を駆使して努力を続けていると述べた。ロシアはアゾフスタル防衛隊の降伏を主張している。セレンスキー氏は以前、ウクライナにはマリウポリ解放の成功に必要な重火器が現在ないと発言していた。

01:05 グテーレス、モルドバでウクライナ人難民と面会

国連事務総長のアントニオ・グテーレスは、モルドバでウクライナからの難民と面会しました。グテレス氏は、首都キシナウの受け入れセンターの前で記者団に、「難民に会って、彼らの話に深く感動しないことはあり得ない」と語った。ある夫婦は、自分の家の庭に爆弾が落ちたと言った。家族の一部を含め、すべてを置き去りにしてきた人たちがいた。また、モルドバは人口約260万人のうち、最も多くの難民を受け入れている国である、とグテーレス氏は付け加えた。マイア・サンドゥ大統領との会談で、国連事務総長は同国が流入者に対処するためのさらなる支援を約束しました。ウクライナから45万人以上の難民が、ヨーロッパで最も貧しい国の一つとされるモルドバに避難しています。

関連記事

WTiN KNF
JETIC株式会社 GIS
ImageXpert Ricoh
Konica Minolta Epson
Advertisement Area
ページ上部へ戻る