スイスに海外出張された方からの報告

コロナの状況や空港検疫の実体に関して、米国在住の友人の報告は時々アップしていますが、最近スイスに出張された「KNFジャパン」の坂下社長から、欧州事情について貴重な情報を頂きましたのでシェアします。

大野 様
お世話になっております、KNFジャパンの坂下です。ご無沙汰しております。小職は先週一週間当社グループ役員の送別会とGM会議出席でスイスのルツェルンに行って参りました。

現時点ではEU外のワクチン接種証明書はスイス入国時のみ通用しますが、現地国内では全く効かないので、小職は現地で合計4回PCRテストを受けて陰性証明書をホテルやレストランに入る際に見せなければ入れてくれませんでした (抗原テスト/PCRテストそれぞれの結果の有効期間は48時間/72時間らしいです)。

また、小職は羽田空港到着後PCRテスト陰性結果を受けて現在2週間の自宅待機(勤務時はリモートワーク対応)中です。羽田空港国際線ゲートの或る区画(かなりの面積)がPCRテストや問診などの専用スペースと化しており、欧州の空港の状況と比べると或る意味で未だ戦時下と言うか鎖国状態の印象です。

『ワクチン接種証明書保持者に対する入国後・帰国後の待機期間について(令和3年10月1日午前0時から実施)』との報道有りますが、入国後14日待機➩10日への条件が『10日目以降のPCR検査陰性結果を厚生労働省に届け出が必要とのこと』って、4日短縮の為にどんだけハードル高いんや!って、大野さん口調で愚痴りたくもなりますわな😊 こんなんじゃ日本人はともかく外国人は仕事での日本入国は無理ですね。

今後の大野さんの渡航トライ時へのご参考情報として頂ければ幸いです。今回、スイスはEUじゃないのでワクチン接種証明書で現地での隔離無く入国出来ましたが、ドイツなどEU各国は現在は日本を入国原則禁止の国々に加えているとのことで、その辺りの解除の状況など確認要かと。

【追記】

羽田空港到着時に【入国管理センター】アプリをインストールさせられ、毎日数回追っかけ回されてます(実際に自宅に居るかどうかの確認)😊

一番違うと感じるのはマインドセットで、欧州ではワクチン接種証明書かPCR陰性検査があれば、ホボ普通に生活してる印象でしたが(空港や人が集まるところではマスク着用はあるものの)、日本では緊急事態宣言を解除する段階で、もう余り集まらない歩き回らない生活に慣れてしまった感が有りますね・・・もちろんリスク回避的には良いんでしょうが。ワクチン接種率80%のシンガポールも行動規制緩和した途端に陽性率10倍とか。ただ、医療機関がひっ迫してない限りもう陽性者数には振り回されないとか。

私が最近特に町中に余り出ないからかもですが、海外でのインフレや活動状況を見ていると、日本での停滞感は、なんというか相変わらずですね。。。

関連記事

WTiN KNF
JETIC株式会社 GIS
ImageXpert Ricoh
Konica Minolta Epson
Advertisement Area
ページ上部へ戻る