ドイツ放浪記(51):Berlin, Berlin, Berlin …

ハンブルグに4年、リューネブルクに7年住んだことがあるので、ドイツのどの町が好きか?と問われたら、この2つの町を挙げることになるだろう。でもやっぱりベルリンは外せないように思う。かつてのドイツ帝国の首都であり、大戦ではボロボロにされ、東半分は壁で囲い込まれソ連風に造り変えられ、統一を果した今もその爪痕は残っている・・・にも関わらず、あのベルリン独特の雰囲気に一度浸ると忘れることができなくなる・・・

今回はポーランドの旧ドイツ領に行くための拠点として泊まり、観光スポットを巡ったわけではなく、特に目的もなくベルリンの空気を味わいながらぶらぶらしただけなんだけど・・・スナップ的に撮った写真を少しだけアップしておくことにしよう。

ベルリンは舗道が広くて、夏はそこにテーブルとベンチを並べて「外食」ができる店が多い。5~6月は気候も爽やかで最高!店もチェーン店よりも個人経営のが多く、それぞれ魅力的・・・

ベルリン攻防戦の際の銃弾の跡が遺る壁・・・遺してあるのか?

通りの向こうの方に、ひょっこりシナゴーグが見えたり・・・

ひょっこドーム(大聖堂)の屋根が見えたり・・・

ちょっとした裏通りにもいい感じの店があったり・・・

普段呑み価格のを主に扱うワイン屋があって、そこのおつまみがまた旨そうで、ロゼと一緒に買って帰ってホテルで呑んでみたり・・・

こんないい感じのビアガーデンがあったり・・・

ストリートミュージシャンが楽しい演奏を聞かせてくれたり、街中に水辺が有って、遠くには「アレ」が見えたり・・・

Ja, Stimmt das!

関連記事

AD space available KNF
JETIC株式会社 GIS
ImageXpert Ricoh
Konica Minolta Epson
Advertisement Area
ページ上部へ戻る