SWIFT制裁が近づく

ロシアが SWIFTから締め出されると、ロシアが対外取引から実質的に締め出されるのは当然として、西側諸国でロシアに売掛債権・貸付金などを保有していたり、現地法人があったりした場合の回収も難しくなるというブーメラン効果があり、簡単に発動できるものではありません。効果は大きいけれど、とばっちりも大きいので「金融核兵器」と言わるのです。プーチンは、ここを舐めてかかって「どうせ口だけで、SWIFTからの締め出しなんてできやしないぜ、へっへっへっ」てなもんで好き放題やっています。

が、流石の西側諸国も「そこまで舐められては!」と、この痛みを甘受して、ロシアを SWIFTから締め出す動きが出てきたようです。

そこには、ウクライナのゼレンスキー大統領の、命がけ・捨て身の献身的国防姿勢に動かされた側面と、ここで自らが傷んでも・痛んでも毅然としないと、次は「極東アジアでも舐められる」という危機意識が働いたと思います。ゼレンスキーの献身が実を結ぶことを期待したいところです。

ステータス: 26.02.2022 19:16 Uhr
SWIFTの対ロシア制裁をめぐる争いで、ドイツが譲歩したようだ。

ベルリンは、「的を絞った機能的な制限」に取り組んでいると述べた。ロシアのウクライナ攻撃を受けて、ドイツ政府は同国のSWIFT決済システムへのアクセスを制限することを発表しました。連邦外務大臣Annalena Baerbockと副首相Robert Habeckは、「対象を絞った機能的な制限」に取り組んでいると述べた。彼らは、ロシアを完全に排除することは言っていない。しかし、緑の2人の政治家は、「(ロシアが)SWIFTから切り離されることによる巻き添え被害を、適切な人々に当たるような形でいかに限定できるか、全速力で取り組んでいる」と述べた。

これまでドイツは、SWIFTの制限を拒否していたのだ。コメルツ銀行のチーフエコノミストであるJörg Krämer氏は、この立場をエネルギー部門への依存性とも関連付けて説明している。ヨーロッパがロシアからガスを買い続けようと思えば、その代金を支払わなければならない。「銀行振込ができないなら、スーツケース一杯のお金を持ってモスクワに行くしかない」とKrämer氏は言う。ベアボック氏もこの問題を指摘し、SWIFTのロシア排除による「大規模な巻き添え被害」と「エネルギーボトルネック」の可能性を警告していた。

フランスは「金融核兵器」を口にするドイツに加え、イタリア、ルクセンブルク、ハンガリーの政府も長い間躊躇していた。しかし、ローマでは最近、マリオ・ドラギ首相が話し合いに応じる姿勢を示している。イタリアは、「SWIFTに関するものも含め」、対ロシア制裁に関するEUの方針を全面的に支持すると発表した。

ロシアの石油やガスへの依存度が低いフランスや英国などの国々は、ロシアをSWIFTから排除するよう長年にわたってキャンペーンを展開してきた。フランスのブルーノ・ル・メール経済相は金曜日、EU財務相会議後の記者会見で、SWIFTは金融核兵器であると述べた。使う前に考えよう。イギリスのボリス・ジョンソン首相は、ロシアの排除が緊急に必要だと訴えた。

ウクライナのヴォロディミル・セレンスキー大統領は、すでに決定している制裁措置に加えて、ロシアをSWIFTシステムから排除するようEUに訴えた。SWIFT – 海外送金に重要SWIFTは通信システムで、銀行同士が国境を越えた支払いの流れについて知らせ合うために使われている。個人顧客の海外送金でさえ、いわゆるBICナンバーを使ってこのシステムを通じて行われているのだ。

SWIFTとは、”Society for Worldwide Interbank Financial Telecommunications “の略で、世界銀行間金融通信協会を意味します。世界金融通信学会。協同組合の形態をとるこの組織は1973年に設立され、ブリュッセルの南、ラ・ヒュルペという小さな町に本部を置いている。ドイツ企業は2021年にロシアに266億ユーロ相当の製品を販売しました。SWIFTからの早期離脱は、現在ロシアからの支払いを待っている企業に大きな負担を強いることになる。

ソースはこちら

関連記事

WTiN KNF
JETIC株式会社 GIS
ImageXpert Ricoh
Konica Minolta Epson
Advertisement Area
ページ上部へ戻る