ウクライナ情勢最新情報 4月15日(金):ARD Tagesschau Live Blog


ウクライナの激戦地ハリキウからプラハの友人宅に避難してきた女性を支援する活動を行っています。ご一読の上、カンパに参加頂ければ有難いです。
セブン銀行 パンジー支店(店番号 103)口座番号:3491537
口座名義:オオノアキヨシ 現在までの累計 1,011,000円
4月 10日時点での実績報告


ドイツの公共放送 ARDニュースサイト Tagesschau.deに掲載されたウクライナ関連情報をアップし、随時更新します。日本の報道ではイマイチ隔靴掻痒感が否めませんが、紛争当事者ではないにしても、欧州の近隣国の利害に直接絡むドイツからの情報は緊迫感があり貴重なものです。自分で読むために DeepL翻訳していますが、折角なのでここにアップします。本文・画像共にソースは Tagesschau.deです。
時系列的には一番上が新しいニュースです。

「時系列にジャンプ」
———————–(重要記事)———————-

✙✙ 記事はまだありません(こちらをクリック下さい)
———————–(時系列)———————–

15.4.2022 – 23:11 Selenskyjは、2500から3000人のウクライナ人兵士が殺されたと話す

キエフの数字によると、ウクライナとの戦争でこれまでに2500から3000人のウクライナ人兵士が死亡している。これは、ウクライナのセレンスキー大統領が米国のテレビ局CNNのインタビューで語ったもので、その最初の抜粋は金曜日に配信された。また、セレンスキー氏は、ウクライナ側の負傷した兵士が約1万人いると報告した。セレンスキー氏は、ウクライナの数字を引用して、ロシア側ですでに2万人の兵士が殺されたというのである。欧米では、ロシア側の死者は数千人と推定されている。モスクワは最後に、自国の兵士約1,350人が殺害されたと発表した。

15.4.2022 – 23:05 モスクワ、より多くの評論家を「エージェント」に分類

ロシア当局は、著名な政府批判者を再び取り締まりました。モスクワの法務省は、さらに9人を「外国人諜報員」のリストに加えたと発表した。このような個人や組織は、法律により、資金源を開示し、すべての出版物を明確に表示することが義務付けられています。2月24日にロシアがウクライナで軍事行動を開始して以来、ロシア当局はクレムリンに批判的な声に対する弾圧を強めている。

15.4.2022 – 22:49 政治学者クロップ氏:軍事援助の決定はショルツ氏を強化する可能性がある

ドイツのオラフ・ショルツ首相は、ウクライナに10億ユーロを大幅に上回る軍事支援を行うことを発表した。ベルリン自由大学の政治学者サビーネ・クロップ氏は、この決定はドイツ政府、特にショルツ氏にとっては「救い」であるとタグエステメンで述べている。

15.4.2022 – 22:47 ウクライナは米国にロシアをテロ支援国に分類するよう要請

新聞によると、ウクライナのセレンスキー大統領は最近、米国のバイデン大統領に対し、ロシアを正式にテロ支援国家に分類するよう要請したとのことです。ワシントン・ポスト』紙が、この会話に詳しい人物の話を引用している。テロ支援国家」に分類されると、貿易制限などを受けることになります。現在、米国国務省のリストにはキューバ、北朝鮮、イラン、シリアが含まれています。

15.4.20 – 22:20 ロシア、武器納入に抗議文を送付

ロシアはウクライナへの武器供給をめぐり、西側諸国数カ国に抗議文を送付した。インタファクス通信によると、外務省のマリア・ザハロワ報道官は、その中に米国が含まれていると述べた。米国の日刊紙「ワシントン・ポスト」によると、モスクワは書簡の中で、このような配送は「予期せぬ結果」をもたらす可能性があると警告している。ウクライナは、7週間前にロシアの侵略戦争が始まって以来、多くの国から武器を受け取っている。

15.4.2022 – 19:42 米国のサークル:「Moskva」、少なくとも1発のウクライナ製ミサイルに被弾

国防省の情報によると、米国は、沈没したロシア軍艦「モスクワ」に少なくとも1発のウクライナ製ミサイルが命中したと想定している。国防総省によると、モスクワは水曜日に2発のネプチューン・ミサイルを受け、船内で大火災が発生したと思われる。つまり、米国の評価は、ウクライナからの情報と一致しているのだ。ウクライナの説明によると、「モスカバ」は木曜日に沈没する前に黒海でミサイルの攻撃を受けたが、ロシアはこれを否定した。

15.4.2022 – 18:54 スロバキア国防相、プーチンをヒトラーに例える

ウクライナ戦争を踏まえ、スロバキアのヤロスラフ・ナド国防相がロシアのウラジーミル・プーチン大統領をアドルフ・ヒトラーに例えています。スロバキアのメディアが取り上げたNew York Timesの報道によると、プーチンは「ヒトラーと同レベル」だと41歳の彼は言った。彼がさらに西へ進む前に止めなければならない、と。「ウクライナは文字通り、私たちの未来のために戦っているのです」とナドは言った。スロバキアは、隣国にS-300対空ミサイルシステムを供与しています。2月24日の戦争開始以来、33万人以上のウクライナ人難民が国境を越えている。スロバキアは欧州連合とNATOに加盟しています。

15.4.2022 – 18:52 ウクライナ:ロシアが超音速爆撃機を配備へ

また、ウクライナ政府によると、ロシアはウクライナとの戦争で超音速爆撃機を使用していると言われている。国防省のオレクサンダー・モトゥスヤニク報道官は、長距離爆撃機Tu-22M3から、特に混乱している港湾都市マリウポルに爆弾を投下したとキエフで述べた。Motusjanyk氏は、マリウポルがロシア軍に完全に占領されたわけではないことを強調した。港湾地域や製鉄所周辺など、激しい戦闘があったという。ロシアは数日前から港を完全に支配していると主張している。モスクワからの情報によると、製鉄所もロシア軍が支配しているとのことだ。

フランクフルトのレーマーベルクで行われた平和のためのデモ 写真:dpa

15.4.2022 – 18:34 復活祭の行進で注目されるウクライナ戦争

聖金曜日に平和運動が主催したイースター行進には、数百人が参加しました。活動家たちは、ロシアのウクライナに対する侵略戦争を非難した。また、主催者によると、難民のためにドアを開けておくことも要求されたそうです。また、1000億ユーロの特別基金によるドイツ連邦軍の武装化や、国防予算の割合を国内総生産の2%に引き上げるという計画にも批判が集まった。

主催者によると、ヘッセ州のブルフケーベルに約200人が集まり、集会とそれに続くデモを行った。ノルトライン・ヴェストファーレン州では、核施設反対ミュンスターラント行動同盟によると、グロナウとユーリッヒでイースター行進と祈祷に合計225人が参加した。ノイミュンスターでは約80人、ヤーゲルでは約70人、ベルリン近郊のベルナウでは約80人がイースター行進に参加しました。

このほか、ケムニッツやビーベラッハでのイベントも予定されていた。木曜日には、すでに最初のイースター行進が行われていた。ベルリン、ケルン、ミュンヘン、ハノーバー、シュトゥットガルト、ライプツィヒをはじめ、ほとんどのイベントは土曜日に開催される予定です。

15.4.2022 – 18:23警察署長:キエフ地方で900人の市民が殺害された

キエフ地方からのロシア軍撤退後、地元警察署長によると、900人以上の民間人の遺体が発見されたとのことです。アンドレイ・ネビトフ地方警察は、遺体は路上に放置されるか、仮埋葬されていると述べた。警察の資料によると、犠牲者の95%は銃創で死亡している。「その結果、我々の理解では、(ロシアの)占領下では、人々は単に路上で処刑されただけだ」とネビトフ氏は言った。ネビトフ氏は、毎日多くの遺体が瓦礫の下や集団墓地から発見されていると語った。”犠牲者の多くはブトシャで発見され、350体以上ある。

15.4.2022 – 18:11 ロシアの裁判所がグーグルとウィキペディアに罰金を科すと脅した

ロシアの裁判所が、GoogleとWikimediaの戦争描写に関連して、罰金を科すと脅しているとメディアが報じています。米国企業とウィキペディアの所有者が、ウクライナの「特別作戦」に関する虚偽の情報を削除していなかったと、インタファクス通信が報じている。グーグルは最大1200万ルーブル(13万3400ユーロ弱)、ウィキペディアは最大800万ルーブルの罰金に直面しています。

17:24 ロシア、EU代表部18名を追放

モスクワは報復として、欧州連合の駐ロシア代表団18人を追放したと外務省が声明で発表した。ここ数週間、EU加盟国は数十人のロシア人外交官を追放していた。

16:57 国連、ウクライナで餓死者発生を警告

世界食糧計画(WFP)によると、ウクライナで人々が飢餓の危険にさらされている。例えば、マリウポリ市が2週間前にロシア軍に包囲されて以来、援助隊は一度も入っていないと、WFPチーフのデービッド・ビーズリー氏がウクライナ訪問後に述べた。ビーズリーは、「戦争の惨禍に苦しむ人がいるのは、一つの事実だ」と言った。”飢えるに任せるのは別の話”

WFPの推計によると、国全体の3分の1、国内避難民の6割が、家族のために十分な食料が確保できないことに不安を感じているという。ビアズリーは、戦争当事国としてロシアを名指ししていない。「包囲された都市の人々に必要なアクセスを提供するよう、皆さんに訴えています」と述べた。マリウポリでは、10万人がまだ持ちこたえ、最後の食料と水の供給も間もなく尽きるだろう、と彼は言った。WFPは、同国東部の都市部の状況も懸念しているという。WFPはこれまで、ウクライナで約140万人に食糧を提供してきました。

16:38 北マケドニア、ロシア外交官をさらに追放

北マケドニアは6人のロシア外交官を追放した。これは、バルカン半島のスコピエにある同国外務省が発表したものである。声明によれば、当該外交官はその活動により、外交団の業務を規制する国際法の適用規定に違反したとのことです。外交官の追放という文脈では、この文言は通常、関係者がスパイ行為を行ったという事実を指している。2月24日にロシアによるウクライナへの侵略戦争が始まって以来、北マケドニアからのロシア外交官の追放はこれで2度目となります。3月28日、スコピエは5人のロシア人外交官を追放した。

16:26 報道:ショルツ氏、20億ユーロの軍事支援を行いたい

ドイツのオラフ・ショルツ首相は、20億ユーロの軍事援助を行いたいと考えており、その多くはウクライナに当てられる。これは、政府関係者からロイター通信に報告されたものである。そのお金は新しい軍備に使われることになっている。資金の大半はウクライナに送られます。ウクライナに武器を購入する「欧州平和ファシリティ」だけでも約4億ユーロが計上されている。

また、ドイツ軍への支出や、ウクライナおよび第三国への物資の供給があります。ロイター通信によると、政府はすでに補正予算での軍事援助資金の大幅増額に合意しているという。20億ユーロは、ウクライナ戦争の結果、連邦軍の特別基金1000億ユーロの一部ではなく、追加支出である。

15:53 ロシア、EUに代替エネルギーはないとの見方

ロシアのアレクサンダー・ノヴァクエネルギー相は、ロシアのガスと石油の輸入禁止の可能性に関する欧州の議論に感心していないと述べた。ロシアからのエネルギーに代わる合理的なエネルギー源はほとんどない」。ロシアの市場シェアを考慮すれば、ロシアのエネルギー資源なくしてヨーロッパのエネルギー安全保障を保証することは不可能であることは明らかだ」と、ノヴァク氏は業界誌「Energeticheskaya Politika」(エネルギー政策)の社説に書いている。

ノヴァック氏は記事の中で、EUがロシアの石油・ガスを完全に代替できるようになるには、あと5〜10年かかると試算している。アメリカもオペック諸国も、ヨーロッパをすぐに助けられるほどの生産能力はないでしょう。「そのため、欧州の産業の運命とEU市民の幸福は、EUの指導者が下す決定の合理性に全面的に依存している」とノワクは書いている。

15:30 ロシア、さらに多くのメディアをブロックした模様

ロシアは、フランスの公共放送局であるラジオ・フランス・アンテルナシオナルのウェブサイトへのアクセスをブロックしています。これは、ロイター通信がロシアの管轄監督官庁であるRoskomnadzorの登録内容を引用して報じたものである。

また、モスクワタイムズ紙は、ロシアでウェブサイトへのアクセスがブロックされたという。

15:21 「私たちは平和の言葉を忘れてしまった」

ローマ法王フランシスコは、イタリアの放送局Rai 1のインタビューで、ウクライナに対する戦争を再び強く非難した。

私たちは、権力や安全、さまざまなものを求めるあまり、自分自身を殺すという計画に従って生きているのです」。

教皇はまた、武器使用への批判を繰り返し、外交的解決を促した。”武器を買う “という政府を理解している。私は彼らを理解しているが、容認はしていない。もし、私たちが平和なシステムに住んでいれば、このようなことは必要ないでしょう」とフランシスコは語った。”私たちは平和の言葉を忘れてしまった”

ローマ法王は、戦争で苦しむのは常に弱い者であると強調し、難民が平等に扱われていないことを批判した。「逃げる者は分け隔てられる。一流、二流、肌の色によって、先進国出身か非先進国出身かによって。私たちは差別主義者です。そしてそれは悪いことです。”

15:05 ロシアが初めて長距離ミサイルを使用したという

ウクライナ国防省によると、ロシアは開戦以来初めて長距離ミサイルを発射した。攻撃目標は港湾都市マリウポリである。現地は依然として危機的な状況です。ストリートファイトがある。ロシアは現在、マリウポルに加え、ルビシュネ、ポパスナの両市に攻撃を集中させている。

15:00 500万人以上の難民

国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の集計によると、ロシアのウクライナ侵攻が始まって以来、すでに500万人以上が国外に避難せざるを得なくなっている。同団体によると、4,796,245人のウクライナ人が自宅から逃げ出したという。また、国際移住機関(IOM)によると、ウクライナに居住し、その後国外に逃亡した他国の国民は約21万5千人にのぼる。

これは、ヨーロッパにおける第二次世界大戦後最大の難民の移動である。現在、18歳から60歳までの男性はウクライナから出ることができないため、難民の9割は女性と子どもです。270万人の被災者の大半は、ポーランドに逃れた。IOMの推計によると、さらに710万人がウクライナ国内から逃れてきている。

14:55 ノートルダム寺院前での平和の祈り

パリでは、聖金曜日にノートルダム大聖堂の前庭で行われた平和のための祈りに多くの人々が参加しました。祈りの言葉には、ウクライナとの戦争が終わるようにという願いが込められていました。パリ教区の使徒職管理者であるジョルジュ・ポンティエ氏は、「私たちは今日、特に身近な存在であるウクライナでの戦争の犠牲者を覚えています」と述べた。

14:48 ロート氏、ウクライナにさらなる武器供与を要請

SPDの外交専門家ミヒャエル・ロートは、新聞「Frankfurter Rundschau」のインタビューで、再びウクライナへの包括的な武器供与を支持する発言をした。「ウクライナ人は武器で自らを守るしかない。そのために我々は迅速かつ包括的に彼らを支援すべきである」と連邦議会外交委員会の委員長は強調した。

ロシア軍が勝利した場合、モルドバ、グルジア、そしておそらく西バルカン諸国での新たな軍事衝突の恐れがあると、ロートは警告した。「だからこそ、これは我々の国家とヨーロッパの利益でもあるのだが、ウクライナはこの恐ろしい戦争に勝たなければならないのだ」。

14:35 クラマトルスクへの明白なミサイル攻撃

ウクライナ東部の都市クラマトルスクで、ミサイル攻撃の疑いがあり、大きな爆発が発生しました。現場にいたAP通信の記者は、ミサイルの音と、その後に爆発音を聞いた。そして、サイレンが鳴り響いた。当初は攻撃対象も、死傷者の有無も不明でした。

14:17 連邦経済省:エネルギー供給は確保されている

連邦経済省によると、現在、ドイツではエネルギー供給のボトルネックの脅威はないとのことです。”私たちは、状況を非常によく見ています。同省の広報担当者はdpa通信に、「現在、供給の安全性は保証されている」と述べた。彼女は、連邦共和国の各地域の供給状況について、「綿密な情報提供」を受けていると述べた。「連邦政府はあらゆるシナリオに備え、必要であれば常に必要な措置を講じる立場にある」と同省は付け加えた。

14:00 ロシアはモルドバから市民を募集しているのか?

モルドバのNiu Popescu外務大臣は、ロシアが同国の国民をリクルートしようとした疑いがあると話した。それによると、この試みは離脱地域であるトランスニストリアで行われたとのことです。

「このような行為は、私たち全員、私たちの仲間、私たちの家族の平和を促進するものではありません。このようなことは非常に危険であり、止めなければならない」とポペスク氏は警告を発した。詳細は明らかにしていない。この報道は、独自に検証することはできません。

トランスニストリアは、親ロシア派の分離主義者が共和国東部に保有する土地で、ウクライナの港湾都市オデッサから約40kmの範囲にある狭い土地である。

13:56 ウクライナ、ロシア領への攻撃を否定

ロシアは、ウクライナが国境付近のロシア領で攻撃を行ったと非難しています。ロイター通信によると、ロシアの情報筋によると、ベルゴロド州の村で20棟の建物と学校が被害を受けたという。

dpa通信によると、ロシアはブリャンスク州での攻撃について語ったという。ウクライナはヘリで攻撃した。小さな子供を含む7人の民間人が殺された。

dpaによると、ウクライナ秘密情報部はロシア領土を攻撃したことを否定し、ロシアによる挑発を語っている。

13:29 マリウポリからの報告:ロシア兵は埋葬を禁止する

マリウポリ市議会はテレグラムで、ロシア兵が住民に殺害された人々を埋葬することを禁じていると書き込んでいる。家の中庭には、警備員が配置されていた。ロシア軍が墓を再開し、そこに埋葬されている遺体を持ち出したケースもあった。”なぜ発掘が行われ、遺体がどこに運ばれているのかは不明である。”と議会は書いている。

ソースとしての紛争当事者 ロシアとウクライナの紛争当事者の公式ソースからの戦争の経過、砲撃、死傷者に関する情報は、現状では独立したソースによって直接検証することができない。

13:17 武器供給に関する討論会 – ショルツ氏への圧力が強まる

ドイツもウクライナに重火器を提供すべきなのか?この問題については、当事者間で大きく意見が分かれています。現在、連邦経済大臣のロバート・ハーベックも圧力を強めている。

13:11 ウクライナ、避難中の砲撃を報告

ウクライナ検察庁は、昨日避難のために合意した停戦を再び破ったとしてロシア軍を非難している。それによると、イシュム地区ボロヴァ村のロシア兵が、民間人を運ぶはずのバスに発砲したという。

民間人のうち7人が死亡した。27人が負傷した。戒厳令違反」などで捜査が開始された。

12:43 モスクワは、フィンランドとスウェーデンがNATOに加盟した場合、「結果」を警告する

ロシアは、フィンランドとスウェーデンに、NATO加盟の可能性による「結果」について再び警告した。ロシア外務省のマリア・ザハロワ報道官は、ヘルシンキとストックホルムは「このような措置が両国関係や欧州の安全保障構造全体に及ぼす影響を理解」しなければならないと述べた。また、スウェーデンとフィンランドのNATO加盟は、「(両国の)国際的地位の強化に役立つとは思えない」と広報担当者は述べた。

両国の非同盟政策は「信頼できるレベルの安全保障」を提供し、軍事同盟への加盟は「自国の安全保障を強化することはできない」とした。両国は「自動的にNATOの最前線に立つことになる」のである。前ロシア大統領で、現在ロシア安全保障会議のナンバー2であるドミトリー・メドベージェフ氏は、昨日、フィンランドやスウェーデンがNATOへの加盟を決めた場合、ロシアはバルト三国やスカンジナビアの近くに核兵器を配備すると警告していた。

12:36 リトアニアがウクライナに医療関係者24名を派遣

本日、リトアニアから医療チーム2名がウクライナへ向けて出発しました。医師8名、看護師16名の計8名が到着後2週間、病院で勤務することになっている。BNS通信の報道によると、荷物の中には医療材料や医療機器も入っているそうです。キエフ政府の要請で派遣された。 “麻酔科医、人工呼吸器、整形外科医、外傷医、外科医を派遣してほしい “という要望が寄せられています。つまり、最も必要とされているのは、手術の実施と外傷や怪我の治療の支援なのです」と、ヴィリニュスの厚生省顧問は述べている。

12:26報告:ロシア、武器供与の中止を要求

新聞報道によると、ロシアはウクライナへの武器供与の中止を要求しているという。ワシントンポスト紙によると、「我々は米国とその同盟国に対し、地域と国際安全保障に予期せぬ結果を暗示するウクライナの無責任な軍事化を控えるよう求める」と米国への外交文書が書かれている。

11:06 ウクライナ、ドンバスで5人の死者を報告

キエフによると、ウクライナ東部でのロシアの攻撃で5人が死亡した。ドネツクでの戦闘は「前線全体に沿って」継続されると、ウクライナの声明は述べている。ドンバスはロシアにとって主要な標的である、とウクライナのヴォロディミル・セレンスキー大統領は木曜日の夕方に述べた。”ロシアが破壊したいのはドンバスである。ロシア軍が破壊しているのはルハンスクとドネツク地域であり、石だけ残して人はいない。”

キエフや欧米諸国の評価によれば、キエフ周辺からのロシア軍撤退に伴い、ウクライナ東部でのロシアの大規模な攻勢が間近に迫っている。専門家によれば、モスクワの目標は、2014年に併合された黒海のクリミア半島と、ルハンスク州およびドネツク州の親ロシア派分離主義者が支配する地域とを陸路で直接結ぶことだという。

11:02 キエフの空襲警報

ウクライナの首都キエフでは、サイレンが鳴り響いている。ARD特派員Jo Angererのレポートによると、別の航空警報が発令されています。以前、アンゲラー氏は、キエフ近郊の小さな町で午前4時頃、7つの激しい爆発があったと述べていた。このことは、その後確認されています。燃料庫が攻撃されたようだ。一方、ロシアはミサイル工場を空爆したと主張している。また、いくつかの街では一時的に停電が発生したが、その間に修復された。

キエフの雰囲気はピリピリしていると表現した。ロシアが撤退したとしても、戦争はまだ近い。人々の恐怖心が伝わってくる。

ロシア国防省は、ウクライナの「ロシア領への逸脱」に対応するため、キエフへのミサイル攻撃の拡大を発表していた。ロシア当局は12日、ウクライナ軍がウクライナと国境を接するロシア地域の住宅を空爆したと非難していた。7人が負傷したという。ブリャンスク州のクリモヴォ村では、約100棟の住宅が被害を受けた。モスクワの国防省によると、ウクライナのチェルニヒフ州にいるロシア軍が、ブリャンスク州の攻撃に関与したとされるウクライナのMi-8ヘリコプターを撃墜したという。ベルゴロド国境地域の当局も、木曜日にウクライナからの砲撃を報告した。

10:49 ロシア、マリウポルの製鉄所制圧を報告

ロシア軍の報告によると、激しく争われているウクライナの港湾都市マリウポルにある「イリイチ」製鉄所を制圧したとのことです。モスクワの国防省のイゴール・コナシェンコフ報道官は、「ロシア軍とドネツク人民共和国の部隊の攻撃により、工場はウクライナの民族主義者から完全に解放された」と述べた。

ウクライナ側からの確認はなかった。しかし、ウクライナ第36海兵旅団のセルヒイ・ヴォリナ司令官は、新聞「ウクライナ・プラウダ」で市内の状況を「危機的」と表現している。マリウポルは、ロシアの封鎖を終わらせる迅速な軍事作戦か、政治的解決によってしか救われないという。極右の過去が批判されるアゾフ連隊が率いるウクライナ軍の大半がアゾフ製鉄所に定着していることは知られている。

10:09 ポーランドの国境警備隊、難民を約276万人数える

ロシアのウクライナ攻撃以来、約276万人が国外に脱出し、安全なポーランドに避難しています。ポーランドの国境警備隊によると、木曜日だけで26,800人の難民が到着し、前日比8%増となった。ウクライナ方面では、水曜日に22,500人が国境を越えました。

2月24日の戦争開始以来、合計652,000人がウクライナに入国したと発表した。そのほとんどがウクライナ人である。彼らは主にウクライナ軍が奪還した地域に移動しています。戦争難民のうち、何人がポーランドにとどまり、何人がすでに他のEU諸国に渡ってしまったのか、現在のところ公式な情報はない。

10:07 ロシア、キエフ近郊のミサイル工場への攻撃を報告

ロシア軍は、ウクライナの首都キエフからほど近い場所にあるミサイル工場を攻撃したと発表している。ロシア国防省のイーゴリ・コナシェンコフ報道官は、カリブミサイルが市郊外南西5キロにある「ウィサール」工場に向けて発射されたと発表した。今のところ、ウクライナ側からの確認はない。しかし、報道によると、キエフでは夜間に数回の激しい爆発音が聞こえたという。

08:50 9つの避難通路

ウクライナ政府によると、今日、さらに9つの回廊が計画され、民間人が袂を分かつことができるようになった。ルハンスク州のセルヒイ・ガイダイ知事は、6つの町の住民に対し、用意されている列車やバスの利用をためらわないよう呼びかけた。

08:23 ロシア、外国企業の破産に関する法律の制定を遅らせる

ロシア議会は、外国企業の国有化の可能性に関する法案を5月まで審議しない予定である。日刊紙「Vedomosti」が政府関係者の話として報じたところによると、法案を急いで通す予定はない。この取り組みは、ウクライナ戦争によりロシアでの活動を停止している企業に関するものです。ロシアの指導者は、すぐに操業を再開しない欧米企業を収奪すると脅していた。中には、5月1日が操業再開の期限として言及されたケースもあった。

しかし、火曜日にクレムリン政党「統一ロシア」が提出した破産手続きに関する法律の草案は、これらの脅しよりかなり弱いと考えられている。例えば、破産管財人は、ロシア経済全体または重要なインフラストラクチャにとって戦略的に重要な企業に対してのみ任命されることになっている。さらに、欧米のオーナーも、ロシアでの事業再開の準備が整い次第、所有権を返還することになっている。収用と国有化は例外的な場合にのみ想定されています。

08:21 カナダ、ポーランドの難民ケアを兵士で支援へ

カナダはウクライナ難民のケアを支援するため、ポーランドに兵士を派遣しています。カナダのアニタ・アナンド国防相は、約150人の兵士の大半をポーランド各地の受け入れセンターに配備し、難民の登録などを支援すると発表した。また、別のグループは、国際的な援助の調整を助けるという。

一方、260万人以上のウクライナ人がポーランドに避難し、200万人以上の人々が他の国に避難している。カナダはそれ以来、NATOの東側地域に数百人の兵士を追加で派遣しています。

03:08 セレンスキーがロシア軍艦の沈没を賞賛する

ウクライナ大統領Volodymyr Selenskyjは今朝早く、ビデオ演説で沈没したロシア軍艦「モスクワ」を言及し、「ロシアの船が底まで行けることを示した」すべての人々を賞賛しています。

ウクライナによると、ロシアのミサイル巡洋艦にウクライナのネプチューン・ミサイル2発が命中した。ロシア国防省は昨夜、黒海艦隊旗艦が沈没したことを確認した。港に曳航している途中で嵐に遭い、沈没してしまったのだ。モスクワ」は火災と船内の弾薬の爆発で大破した。ロシア海軍は黒海のウクライナの都市への砲撃を続けている。

03:01 ナヴァルニー、ロシアで西側による「情報戦線」を呼びかけ

獄中のクレムリン批判者アレクセイ・ナヴァルニー氏は、西側諸国政府や米国のインターネット企業に対し、ロシアに「情報戦線」を開くよう呼びかけました。ナヴァルニーは、多数の欧米の指導者やメタ社のマーク・ザッカーバーグCEOに向けたメッセージの中で、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領の「プロパガンダを、ソーシャルメディア上の広告機会を利用して」「叩き潰すべきだ」とツイッターに書き込んでいる。広告が必要だ、たくさんの広告が」と繰り返した。

02:44 ウクライナ各地で激しい爆発が発生

ウクライナ東部のルハンスクとザポリージヤでは、深夜から空襲警報のサイレンが鳴り響いている。これに先立ち、キエフ、南部ケルソン、東部ハリコフ、西部イワノフランキフスクで大きな爆発が報告された。ウクライナのメディアは、首都キエフの一部で停電が発生していると伝えています。

02:00 約2550人が紛争地域から避難

昨日、ウクライナの紛争地域から約2550人の民間人が避難した。これは、キエフでイリナ・ヴェレシュチュク副政府代表が発表したものです。マリウポルの住民290人を含む約2300人がウクライナ南部のザポリジヤに到着したという。ベレシュチュク氏によると、ロシア軍は避難の際に、この目的のために設定された停戦を「常に」破ったという。また、同国東部のルハンスク州からも220人ほどが安全な場所に運ばれたという。

01:53 CIA、小型核兵器使用の可能性を警告

米国情報機関CIAは、ロシアがウクライナ戦争で小型核兵器を使用する可能性があると警告している。CIAのウィリアム・バーンズ長官は、ロシアのプーチン大統領が軍事的な「挫折」に対する「絶望」に直面し、「戦術核兵器または短距離核兵器」の使用を命令する可能性があると述べた。

バーンズ氏は、「我々は明らかに非常に懸念している」と述べると同時に、これまでのところ、そのような兵器を使用する準備の「現実的な証拠はあまりない」と強調した。ロシアは、第二次世界大戦でアメリカが広島と長崎に落とした原爆よりも小さな戦術核兵器を持っている。

01:01 ハベック:ウクライナにもっと兵器を届ける必要がある

ドイツの経済大臣Robert Habeckは、ウクライナへの武器供与の拡大を主張している。「もっと多くの武器が必要だ」と緑の政治家はFunke Mediengruppe新聞社に語った。”ウクライナだけを戦場に残しておくわけにはいかない。また、私たちのために戦ってくれているのです。ドイツも重火器を供給しているのかと問われ、副首相は「ウクライナの人々は勇気と犠牲をもって反撃している。私たちは、武器を持って彼らを支援する義務があります。同時に、私たち自身がターゲットにならないようにする責任もあります。それが、私たちが可能な限りのものを供給する枠組みなのです。” この枠組みには、「今のところ大型戦車や戦闘機は含まれていない」とハベック氏は付け加えた。

00:46 キエフとケルソンで大爆発

キエフとウクライナ南部のケルソン市で大爆発が発生した。これは現地メディアでも報道されている。

00:44 セレンスキーは、50日間にわたる抵抗に感謝する

ウクライナ大統領ヴォロディミル・セレンスキーは、ロシアに対する50日間の抵抗に同胞に感謝した。「神とウクライナ軍と国民に感謝します。私たちは国の大部分を守りました」セレンスキーは、ロシアのウクライナ侵略戦争開始から50日にあたり、木曜日の夜にテレグラムに投稿したビデオメッセージの中でそう述べた。”50日間の防衛は成果 “です。数百万人のウクライナ人の功績”

セレンスキーさんは、ロシアがウクライナに侵攻した最初の日のことを思い出すと言い続けた。”控えめに言って “です。誰も合格を確信していなかった。” 多くの人は、彼に国外退去を勧めたことだろう。しかし、彼らはウクライナ人がどれほど勇敢で、「自分たちの好きなように生きる」自由を大切にしているかを知りませんでした。

また、セレンスキー氏は、ウクライナのすべてのサポーターに感謝の意を表した。この50日間で、彼は多くの政治家の姿を違った形で見てきた。彼は、豊かでない人の中に「大きな寛容さ」を、あるいは人から相手にされない人の中に「決断力」を見たことがある。しかし、まるで自分には力がないかのように振る舞う政治家も見た。

関連記事

AD space available KNF
JETIC株式会社 GIS
ImageXpert Ricoh
Konica Minolta Epson
Advertisement Area
ページ上部へ戻る