こんなところにインクジェット(109):アルフォンス・ミュシャの絵画

誰もがどこかで見たことのあるチェコの画家・グラフィックデザイナー「アルフォンス・ミュシャ」の作品。アール・ヌーヴォー時代の旗手とされており、19世紀末から20世紀初頭のヨーロッパの時代の雰囲気が伝わってくるようです。

カフェやバー、あるいは自室などどこにでもフィットして雰囲気に浸れる作風です。こちらのプリントは公式にライセンスを取得してプリントを行っているとのこと。ミュシャ以外のものもすべて正式にライセンス契約をしているとのことです。

パネルの他に、ZIMMERの絨毯プリンターで作成した厚手のマットもあります。もったいなくて土足では踏めない(笑)


関連記事

WTiN KNF
JETIC株式会社 GIS
ImageXpert Ricoh
Konica Minolta Epson
Advertisement Area
ページ上部へ戻る