GIS:Dimatixヘッド用のドライバを開発

Global Inkjet Systems(GIS)は、主に各社のプリントヘッド用のドライブエレクトロニクスを開発していますが、最新の高性能Starfire SG600を含む、Fujifilm Dimatixの各種プリントヘッドを駆動できる新しいソリューションを開発しました。
GIS develops drivers for Dimatix heads
Global Inkjet Systems, or GIS, which mainly develops drive electronics for various printheads, has developed a new solution that’s capable of driving a wide range of Fujifilm Dimatix printheads, including the latest high-performance Starfire SG600.

Global Inkjet Systems’ HMB-FD-HV Head Management Board can drive up to four Fujifilm Dimatix Starfire SG600 or four Starfire SG1024.

この新しい Head Management Board(HMB-FD-HV)は、各ボードから最大 4台の Fujifilm Dimatix Starfire SG600または 4台の Starfire SG1024を駆動できます。また、1枚のボードから多数の Polaris、Sapphire、Emerald、Nova、Galaxyおよび S-Classプリントヘッドを駆動するように設定することもできます。
This new Head Management Board – the HMB-FD-HV – can drive up to four Fujifilm Dimatix Starfire SG600 or four Starfire SG1024 from each board. It can also be set up to drive large numbers of the Polaris, Sapphire, Emerald, Nova, Galaxy and S-Class printhead ranges from a single board.

データ管理、波形生成、プリントヘッド診断など、GISのイーサネットプラットフォームをベースにしており、すべて堅牢なプロトコルと標準のイーサネットコンポーネントを備えたギガビットイーサネット経由でアクセスできます。それは、マルチレベル波形、メニスカスアクティベーションおよびジェット直進制御を備えた Fujifilm Dimatixプリントヘッドのフルバイナリおよびグレースケール機能をサポートします。
It’s based on GIS’s Ethernet platform, which includes data management, waveform generation and printhead diagnostics, all accessed via Gigabit Ethernet with a robust protocol and standard Ethernet components. It supports the full binary and greyscale capabilities of the Fujifilm Dimatix printheads with multi-level waveforms, meniscus activation and jet straightening control.

事業開発ディレクターの Dibbie Thorpは、次のように述べています。「富士フイルムのプリントヘッド製品群のためのこの新しいヘッドマネジメントボードは、GISイーサネットプラットフォームの大きな柔軟性と機能を実証しています。新しい SG600をサポートするだけでなく、他の有名な富士フイルムプリントヘッドのユーザーにもアップグレードされたソリューションを提供することができます。」
Debbie Thorp, business development director, commented: “This new Head Management Board for the Fujifilm printhead range demonstrates the huge flexibility and capability of the GIS Ethernet platform. We are able not only to support the new SG600, but also to offer an upgraded solution to users of other well-established Fujifilm printheads.”

HMB-FD-HVは、GISのカスタマイズ可能なユーザーインターフェイスと Atlas Machine Control Servicesソフトウェアと連携して動作します。これは、画像から大量の変換、ワークフローの統合、プリントキュー、トランスポート及びその先まで、印刷およびサブシステムプロセス全体を管理するために設計されています。
The HMB-FD-HV works with GIS’ Atlas customisable User Interface and Atlas Machine Control Services software, which has been designed for managing the entire printing and sub-system process, from image to swathe conversion and integration of workflow through to print queues, transport and beyond.

詳細は GIS社サイトをご参照ください。
You can find more details about this and other solutions from GIS at globalinkjetsystems.com.

関連記事

ページ上部へ戻る